ダルバール広場(パタン)はネパールの古都パタンの中心部にある旧王宮前にある広場です。かつてはパタン王の宮殿がありました。ダルバールはネパール語では宮廷という意味で、ダルバール広場はパタンの他にカトマンズ、バクタプルにもそれぞれあります。パタンは299年にアショーカ王によってつくられたカトマンズ盆地の中では一番古い町で、首都カトマンズの南バクマティ川を超えたところにあります。別名ラリトプル(美の都)と呼ばれています。ダルバール広場(パタン)の周辺にはチベット仏教の寺院が集中してあります。ユネスコ世界文化遺産にも登録されています。
歴史
ダルバール広場(パタン)の辺りには16世紀から18世紀にかけて栄えたマッラ朝時代の、ネワール族がつくりだすネワール建築の旧王宮や寺院などを見ることができます。これらの建物は石畳の路をはさんでぎっしりと建てられています。

見どころ
パタンに住んでいる人々はネワール族が8割を占め、現在でも工房や画廊があります。歴史ある建築物の中だけではなく、街の中の日常の風景にもネワール文化を見ることができます。広場の西側には様々なスタイルを持つ寺院もあります。ヒンドゥ教のヴィシュヌ神の化身であるクリシュナが祀られている石造建築の傑作であるクリシュナ寺院、本堂や仏像は金箔で覆われているパゴダ様式のゴールデンテンプル(正式名称はヒラニャ・ヴァナル・マハヴィハール寺院)、スンダリチョウクなどがあります。スンダリチョウクはネワール族の芸術センスが見られるトゥシャヒティという水場があり木彫りや石彫り、金属の彫刻が刻まれています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. ネパール旅行で欠かせない、カトマンズとポカラを効率よく巡ります!エベレストの大展望を望めるヘリコプターフライトや、ヒマラヤ山脈を包む神秘的な朝日鑑賞などネパールの絶景をお楽しみください。最終日は5つ星ホテルにてマッサージをご用意しています♪
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD1,319.00

    グループ割引
    毎日
    (午前, 午後, 夜, 深夜)

ネパールの人気アクティビティランキング

ダルバール広場 (パタン) (観光情報) | ネパール観光| VELTRA(ベルトラ)

ダルバール広場(パタン)はネパールの古都パタンの中心部にある旧王宮前にある広場です。かつてはパタン王の宮殿がありました。ダルバールはネパール語では宮廷という意味で、ダルバール広場はパタンの他にカトマンズ、バクタプルにもそれぞれあります。パタンは299年にアショーカ王によってつくられたカトマンズ盆地の中では一番古い町で、首都カトマンズの南バクマティ川を超えたところにあります。別名ラリトプル(美の都)と呼ばれています。ダルバール広場(パタン)の周辺にはチベット仏教の寺院が集中してあります。ユネスコ世界文化遺産にも登録されています。