タメルチョークは、ネパール連邦民主共和国の首都にして最大の都市カトマンズのその中にあるタメル地区の中心点です。チョークとは、道の交わるところ、という意味で、その名の通り、タメル地区の通りがいくつも交わる交差点のような場所です。タメル地区は約1㎞の範囲内を指し、外国人向けのホテル、レストラン、土産物店など多数の店が軒を連ねていて、車、自転車タクシー、人々の往来が絶えない活気あるエリアです。また、ヒマラヤ登山の拠点にもなっています。
歴史
タメルチョーク及びタメル地区は、1980年代にヒッピーブームの聖地として有名になりました。また物価が安いことから、それ以降世界中からバックパッカー、ヒマラヤを目指す登山者たち、長期滞在する観光客などが集まり、さらにそれに対応するため数多くの宿泊施設、店が増え、大変活気ある地区となりました。

見どころ
タメルチョークの見どころは、旅行者たちの集まるエリアとして、また観光の拠点としての起点であるところにあります。その場所からは徒歩でも30分程度でダルバール広場(王宮広場)まで歩け、また最も有名なネパール仏教寺院、スワヤンブナートにも1時間程度で訪れることができる利便性の高いエリアです。特にスワヤンブナートはネパール仏教の中でも最も重要な仏塔で有名で、その美しさも素晴らしいものなので、ぜひとも訪れたいところです。さらにタメルチョークを中心とした地区内には、旅行者向けとして世界各国の料理店が多く点在しています。和食店も多く、ネパール滞在で和食が恋しくなったときなどはそういった店を探してみるのも良いかもしれません。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ネパールの人気アクティビティランキング

タメルチョーク (観光情報) | ネパール観光| VELTRA(ベルトラ)

タメルチョークは、ネパール連邦民主共和国の首都にして最大の都市カトマンズのその中にあるタメル地区の中心点です。チョークとは、道の交わるところ、という意味で、その名の通り、タメル地区の通りがいくつも交わる交差点のような場所です。タメル地区は約1㎞の範囲内を指し、外国人向けのホテル、レストラン、土産物店など多数の店が軒を連ねていて、車、自転車タクシー、人々の往来が絶えない活気あるエリアです。また、ヒマラヤ登山の拠点にもなっています。