リトル・インディアにある、シンガポールで最古のヒンドゥー教の寺院です。悪を滅ぼす女神カーリーに捧げられています。女神カーリーは、インドのベンガジでとても人気があり、この寺院の建設に関わった多くのインド人が、ベンガジ出身であったため、女神カーリーに捧げる寺院が建てられました。けれども、建物のスタイルは、ベンガジのスタイルではなく、南インドのタミールの寺院のスタイルであることが興味深いです。
歴史
スリ・ヴィラマカリアンマン寺院は、1881年に、新天地での安心を祈るインドからの移民たちにより建設され、1980年代には、大規模な再建工事が行われました。正面のタワーと8つの主なお堂などが加えられ、寺院の後ろ側に別棟が建設されました。1999年に、再度、改装が行われ、2000年には、神への奉献の儀式が行われました。2014年には、結婚式場、多目的ホール、スタッフの控え室などを含む6階建ての建物の完成と、新たな改装工事が完了したことを記念して、再度、神への奉献の儀式が行われました。

見どころ
色鮮やかで緻密に作られた数々の像が、寺院の正面のタワーや屋根を埋め尽くしており、本当にエキゾチックです。細部にわたって素晴らしく作られた像は、女神カーリーとインドの神話の神々です。膨大な数にも関わらず、一つ一つ見て行きたいほどの完成度とストーリー性があります。寺院の内部も、外観に劣らず、強烈な印象です。全身青色の肌で、口から牙を出すカーリー像がありますので、是非、見てください。お祈りの様子にも、異文化が感じられ、たいへん神秘的です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

シンガポールの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

シンガポール テーマから探す

スリ・ヴィラマカリアンマン寺院 (観光情報) | シンガポール観光| VELTRA(ベルトラ)

リトル・インディアにある、シンガポールで最古のヒンドゥー教の寺院です。悪を滅ぼす女神カーリーに捧げられています。女神カーリーは、インドのベンガジでとても人気があり、この寺院の建設に関わった多くのインド人が、ベンガジ出身であったため、女神カーリーに捧げる寺院が建てられました。けれども、建物のスタイルは、ベンガジのスタイルではなく、南インドのタミールの寺院のスタイルであることが興味深いです。