総統府は、台北市重慶南路にあり、 総統府の正面には、凱達格蘭大通(カイタッケラン大通り)が伸び、後ろには博愛路、 右手に貴陽路、左手に宝慶路があります。台北駅や若者に人気の西門町にも近いです。 1998年には国宝級古跡に指定され、一般公開も開始されました。 夜間のライトアップもしています。 総統府の近くには、台湾銀行本店、台大医院 旧館(旧台北帝国大学医学部付属医院)、台北賓館(旧台湾総督官邸)、二二八和平公園があります。
歴史
総統府の建物は日本統治時代に建てられました。 ルネッサンス様式で1919年 (明石元二郎総督時代) に建築家・長野宇平治により竣工され、総督府の庁舎として使用されていました。第2次世界大戦末期には空襲に遭い、建物はひどく損傷を受ました。しかし、民国35年(1946年) 台湾の主権回復とともに再建されました。 中華民国の統一を果たした蒋介石元総統の還暦を祝い「介寿館」と称されました。中央政府による台湾遷都ののち、現在は総統府として使用されています。

見どころ
総統府は5階建てで、中央塔は11階ほど(約60m)の高さで日本統治時代には一番高い建物でした。総統府のシンボルである塔の中には、上棟式のお札が収められていて、 3ヶ月に一度(第一日曜日)は、一般公開の日ならば、見ることができます。 朝と夕方には、 楽隊と衛兵が行進する国旗掲揚式があります。平日の午前は、台湾人と日本人に一般公開されており、無料で見学できます。日本語が話せるボランティアの方が展示品を説明して下さいます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

台湾の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

台湾 テーマから探す

中華民国総統府 (観光情報) | 台湾観光| VELTRA(ベルトラ)

総統府は、台北市重慶南路にあり、 総統府の正面には、凱達格蘭大通(カイタッケラン大通り)が伸び、後ろには博愛路、 右手に貴陽路、左手に宝慶路があります。台北駅や若者に人気の西門町にも近いです。 1998年には国宝級古跡に指定され、一般公開も開始されました。 夜間のライトアップもしています。 総統府の近くには、台湾銀行本店、台大医院 旧館(旧台北帝国大学医学部付属医院)、台北賓館(旧台湾総督官邸)、二二八和平公園があります。