清時代の台北城があった場所に、 1899年の日本統治時代に 二二八和平公園は、 二二八事件の犠牲者を慰霊するために作られた公園 です。1908年(明治41年) 圓山公園に次いで2番目にできました。台北駅から徒歩8分、市の中心地にある街のオアシスです。広大な 71,520平方hmの 敷地の北側には、国立台湾博物館、明石元二郎総督の墓地の鳥居、杏壇、東側に中国古典式亭閣と涼亭、南側に二二八紀念館と和平の鐘、西側に野外ステージ、 中央には二二八紀念碑が建っています。
歴史
第二次世界大戦後、中国本土から台湾に多くの人々が移ってきました。本土からきた外省人は、台湾に住む本省人を支配するようになりたした。1947年、 外省人の警官が台北でヤミタバコを売っていた本省人の女性に、暴行が加えられたという事件が起きました。このことに抗議した一人は警官に射殺されてしまいました。抗争は全土に広がりましたが、 軍隊が中国本土から台湾に派遣され、多くの本省人が殺されたと伝わります。

見どころ
二二八事件に対し、追悼の念を込められ建てられた二二八紀年碑は、人と自然の秩序、故郷での生活を表して造られました。モニュメントの先端は二二八事件の舞台となった基隆埠頭を、掌の跡は受難を、 黒球は血の滴を表しています。公園には、228個の算盤の珠と 、亡くなった方の遺骨や灰の一部が甕に入れられ納められています。敷地内にある二二八和平紀念館は、旧台湾ラジオ放送局跡地に建てられました。ここで本省人たちが占拠し、決起を呼びかけた場所です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

台湾の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

台湾 テーマから探す

二二八和平公園 (観光情報) | 台湾観光| VELTRA(ベルトラ)

清時代の台北城があった場所に、 1899年の日本統治時代に 二二八和平公園は、 二二八事件の犠牲者を慰霊するために作られた公園 です。1908年(明治41年) 圓山公園に次いで2番目にできました。台北駅から徒歩8分、市の中心地にある街のオアシスです。広大な 71,520平方hmの 敷地の北側には、国立台湾博物館、明石元二郎総督の墓地の鳥居、杏壇、東側に中国古典式亭閣と涼亭、南側に二二八紀念館と和平の鐘、西側に野外ステージ、 中央には二二八紀念碑が建っています。