剥皮寮にある剥皮寮歴史街台湾映画が「モンガに散る(中国語:艋舺 MONGA)」のロケ地として有名です。現在の剥皮寮歴史街区で見ることのできる建物は、年代はさまざまですがたいていの古い建物は清朝時代、約200年前に建築されたものです。清朝時代、石炭や木材の集散地として発展を遂げました。当時は、洋館も多く建てられていたそうです。剝皮寮の名前の由来は、当時剝皮寮一帯の地域では、中国の福州から船で輸入した杉などの木材を切削、加工し販売されている様子から採られたという説があります。
歴史
1895年に日清戦争が終わり、剝皮寮は、日本の統治下となりました。そして日本人によって区画整備が進められました。現在の剥皮寮歴史街区は、隣接する老松小学校の一部として区画されました。のちに小学校の老朽化が進み、再開発の動きが広まりました。しかし、、歴史的遺産を後世に残し、台北の歴史教育の中心の場にしようと近隣住民からの反対もあり、台北市政府が動きました。改修保存工事が長い年月をかけて行われ、現在、台北市郷土教育中心が建設されました。

見どころ
台湾の伝統的な建築様式と、バロック様式が合わさった剥皮寮の街並みは、台北市政府により歴史的な街並みの保存が1988年からなされ、2009年に修復されました。「台北市郷土教育中心」では一部、日本統治時代や台湾初期の壁が保存されています。間建物の中は医療区、教育区、特別展区の3区画に分けられ、体験しながら学ぶことができます。特別展区では40~50年前の医療に関する展示を見ることができます。 医療区では、漢方について学べます。教育区では、昔の歌や小学校について説明されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

台湾の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

台湾 テーマから探す

剥皮寮 (台北市郷土教育センター) (観光情報) | 台湾観光| VELTRA(ベルトラ)

剥皮寮にある剥皮寮歴史街台湾映画が「モンガに散る(中国語:艋舺 MONGA)」のロケ地として有名です。現在の剥皮寮歴史街区で見ることのできる建物は、年代はさまざまですがたいていの古い建物は清朝時代、約200年前に建築されたものです。清朝時代、石炭や木材の集散地として発展を遂げました。当時は、洋館も多く建てられていたそうです。剝皮寮の名前の由来は、当時剝皮寮一帯の地域では、中国の福州から船で輸入した杉などの木材を切削、加工し販売されている様子から採られたという説があります。