国父紀念館は、 建国の父とも称される孫文の業績が展示されています。孫文の生誕100年を記念して建てられました。 記念館は、中国宮殿様式で高さは約30mあります。 館内には、孫文の遺品や著作物、写真、書、 直筆の手紙などが展示されています。 また、革命関連の貴重な資料を集めた史蹟展示室、蔵書数30万冊の図書館、オーディオルーム、画廊、台湾で最大規模の2626名が収容可能なホールがあります。紀念館を囲む中山公園は敷地面積が 4万平方mあります。
歴史
国父記念館は、1972年に民間からの寄付金などを資金として建てられました。孫文は、 1869年に広州で生まれました。はじめは医者を志し、香港などで医学を学びマカオで開業しました。しかし清政府に対する憤りを憶え、革命家になりました。1912年の辛亥革命における指導者となりました。革命後は初代中華民国の臨時大統領に就任しました。 1914年に現在の国民党の前身となる秘密結社中華革命党を結成しました。孫文が唱えた三民主義は、 現在の台湾政府の基本理念となっています。

見どころ
記念館の正面階段を上がったメモリアルホールには、高さが約 8.9 mある孫文のブロンズ座像が置かれています。座像の
左右には、陸・海・空軍から選抜された衛兵たちが、孫文像を守護しています。毎時行われる衛兵交代セレモニーは必見です。 中正紀念堂、忠烈祠でも 衛兵交代を見ることができますが、衛兵と一緒に写真を撮れるのは国父紀念館だけです。 記念館を囲む中山公園では 花々が咲き誇り、朝は太極拳が行われ、市民の憩いの場となっています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

台湾の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

台湾 テーマから探す

国父記念館 (観光情報) | 台湾観光| VELTRA(ベルトラ)

国父紀念館は、 建国の父とも称される孫文の業績が展示されています。孫文の生誕100年を記念して建てられました。 記念館は、中国宮殿様式で高さは約30mあります。 館内には、孫文の遺品や著作物、写真、書、 直筆の手紙などが展示されています。 また、革命関連の貴重な資料を集めた史蹟展示室、蔵書数30万冊の図書館、オーディオルーム、画廊、台湾で最大規模の2626名が収容可能なホールがあります。紀念館を囲む中山公園は敷地面積が 4万平方mあります。