雙城街の夜市はMRT「中山國小」駅出口1から出て直進し、双城街で右折し前進したところにあります。夜市は30年くらい前からの小吃(軽食)が屋台で売られています。夜市の規模はそれほど大きくはありません。しかし、この夜市は、台北市で初めての優良モデル夜市となっています。パブも多くあり、外国人も多く訪れます。早朝の5時からお店が徐々に開店し始めます。近年、24時間体営業が解禁となり、朝と夜のローテーションで異なる屋台が軒を並べています。
歴史
雙城街夜市は、約30年前に誕生したと言われています。同時期の1984年には、台南市の武聖夜市ができました。雙城街夜市がある台北市中山区にある中山区は清初の乾隆年間、農村地でした。日本統治時代に入ると、この地区は開拓され、円山町、宮前町、三橋町、大正町、御成町、大宮町、上埤頭、下埤頭、朱厝崙、西新庄子、中庄子、大直などが置かれました。日本統治時代末期には区は合併し大正区、御成区、中園区、宮前区、大宮区、下埤頭区の6区が置かれ、発展を遂げました。

見どころ
朝は、朝食を買い求める人で賑わい、お昼ごろには近くのオフィスに勤めている会社員やOLさんらが昼食をとります。ローテーションにより午後五時から夜営業の屋台が出始めます。「嘉義鶏肉飯」の鶏肉飯(鶏肉入りご飯)、香り豊かなガチョウ肉スープは、魯肉飯(肉そぼろご飯) 、臭豆腐、米苔目(ライスプリン)や愛玉冰(愛玉のゼリー)が人気です。『黄記魯肉飯』は『嘉義鶏肉飯』は台北市の魯肉飯コンテストで受賞した経験を持つので絶品です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

台湾の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

台湾 テーマから探す

雙城街夜市 (観光情報) | 台湾観光| VELTRA(ベルトラ)

雙城街の夜市はMRT「中山國小」駅出口1から出て直進し、双城街で右折し前進したところにあります。夜市は30年くらい前からの小吃(軽食)が屋台で売られています。夜市の規模はそれほど大きくはありません。しかし、この夜市は、台北市で初めての優良モデル夜市となっています。パブも多くあり、外国人も多く訪れます。早朝の5時からお店が徐々に開店し始めます。近年、24時間体営業が解禁となり、朝と夜のローテーションで異なる屋台が軒を並べています。