イパオビーチパークは、グアムの中でも最大の規模のビーチです。緩やかな曲線を描く海岸線は約2キロも続いており、タモンのホテルや大型施設、また恋人岬までを一望できるほど。透き通った海はエメラルドグリーンに輝き、白い砂浜に映えるので撮影スポットとしても人気です。シュノーケリングをしなくても水中の魚を見られることから、子供から大人まで幅広い年代の観光客が楽しめる場所。観光客の他、地元の人々も集まるビーチなのです。
歴史
イパオビーチは別名「ガバナー ジョセフ フローレス メモリアル パーク」とも呼ばれています。毎年10月に開催されているココハーフマラソン&駅伝リレーのスタート・ゴール地点がこのビーチパーク。世界中から大勢の参加者が集まることで有名で、このレースのエントリー料金の一部はココバードの保護に使われています。ココバードはグアムにしか生息しない鳥であり、今では絶滅の心配があるため国の機関が保護している貴重な生き物なのです。また、イパオでは昔から美しい珊瑚を守るため、サンダルのまま珊瑚を踏まないように呼びかけたりする保護活動が行われています。

見どころ
【フローレス大司教像】ホスピタル・ロードとサンビトレス・ロードが円形に交わるロータリーの中心に建てられた彫像で、グアム国内での布教活動を行ったフローレス大司教をたたえて作られたものです。イパオビーチからも近い場所にあるので、気軽に見ることができます。【パシフィック アイランド クラブ グアム】グアム島内最大規模のリゾートホテル。宿泊客は、ホテル内のプールやスポーツ施設を無料で利用できるメリットがあります。オーシャンビューの客室はいつでも人気の部屋で、イパオビーチを眺めて過ごせるのが最大の魅力です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

グアム テーマから探す

グアムの観光地一覧

テーマで選ぶ

イパオ・ビーチパーク (観光情報) | グアム観光| VELTRA(ベルトラ)

イパオビーチパークは、グアムの中でも最大の規模のビーチです。緩やかな曲線を描く海岸線は約2キロも続いており、タモンのホテルや大型施設、また恋人岬までを一望できるほど。透き通った海はエメラルドグリーンに輝き、白い砂浜に映えるので撮影スポットとしても人気です。シュノーケリングをしなくても水中の魚を見られることから、子供から大人まで幅広い年代の観光客が楽しめる場所。観光客の他、地元の人々も集まるビーチなのです。