グアムの中で最初に立てられた教会で、最も大きく最も格式が高いのがハガニア大聖堂です。場所は、グアムの首都ハガニアにあるスペイン広場の東側に位置しています。グアムでのカトリック信仰の中心として、毎週日曜日には礼拝も行われています。南国の綺麗な青空に白い壁のコントラストが美しく、見る者を魅了します。また、建物の中にはステンドグラスあり、圧倒されるような美しさで人々を出迎えてくれます。祭壇には聖母マリア像が安置されており、グアム島を優しく見守っているようでもあります。
歴史
1969年、サン・ビトレス神父の指揮によりハガニア大聖堂が建てられました。サン・ビトレス神父は、1968年にスペインから宣教師としてマリアナ諸島に来ました。彼はマリアナ諸島で、最初の宣教師としてカトリック信仰を深く広めてきた人物です。ハガニア大聖堂は、天災や戦争によって何度も破壊されましたが、その度に修復工事や再建工事を行い現在に残されています。現在のハガニア大聖堂は、約50年前の再建工事にて建立されているのです。

見どころ
ハガニア大聖堂の隣に位置するスペイン広場は、スペイン統治時代の跡が残されている場所です。スペイン広場には、「スペイン総督邸跡」、スペイン総督夫人が来客をチョコレートドリンクでもてなしたとされる「チョコレートハウス」、グアムのホワイトハウスと言われている白く美しい建物の「知事官邸」などがあり観光の見所がたくさんあります。また、この広場にはショッピングにぴったりなテナントが充実しているアガニアショッピングセンターがあります。ハガニア大聖堂で歴史に浸ったあとは、スペイン広場で雰囲気を深めるのもオススメコースなのです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

グアム テーマから探す

グアムの観光地一覧

テーマで選ぶ

ハガニア大聖堂 (観光情報) | グアム観光| VELTRA(ベルトラ)

グアムの中で最初に立てられた教会で、最も大きく最も格式が高いのがハガニア大聖堂です。場所は、グアムの首都ハガニアにあるスペイン広場の東側に位置しています。グアムでのカトリック信仰の中心として、毎週日曜日には礼拝も行われています。南国の綺麗な青空に白い壁のコントラストが美しく、見る者を魅了します。また、建物の中にはステンドグラスあり、圧倒されるような美しさで人々を出迎えてくれます。祭壇には聖母マリア像が安置されており、グアム島を優しく見守っているようでもあります。