パラオ国際サンゴセンターはパラオ共和国にあるパラオのサンゴや海洋生物の研究を目的に設立された海洋センターです。パラオ共和国は南太平洋のミクロネシア地域にある島々からなる国家です。サンゴ礁に囲まれた、美しいエメラルドグリーンの海で知られ、マリンスポーツを楽しむ観光客が数多く訪れます。2006年、首都がコロール島のコロールから、バベルダオブ島の東岸にあるマルキョク州のマルキョクに移されました。パラオ国際サンゴセンターはかつての首都があったコロール島の西端に位置しています。
歴史
コロールは現在パラオ共和国内最大規模を誇る都市で、市内にはパラオ国際サンゴセンターの他、国立博物館や水産試験場、第3代大統領ギラケル・エピソン氏を記念したエピソンミュージアムなどがあります。パラオ国際サンゴセンターはコロールの中心部からタクシーで約5分程の距離にあり、Мドックの最先端に位置しています。世界各国の協力により2001年にオープンしたサンゴと海洋生物の研究所で、入り口にはそれらの国々の国旗が掲げられています。

見どころ
パラオ国際サンゴセンターの敷地内には水族館施設があり、マングローブ域を再現した水槽ではタコクラゲなどが見られます。また、普段は海深150m~200mの水域に生息しているオウムガイを特別に飼育しており、アクアリウムではオウムガイが水槽で泳いでいる様子を見ることができます。屋内の展示よりも、屋外の展示が多く、サンゴ礁の様々な生物の生態を知る事ができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

パラオの人気アクティビティランキング

パラオ国際サンゴセンター (観光情報) | パラオ観光| VELTRA(ベルトラ)

パラオ国際サンゴセンターはパラオ共和国にあるパラオのサンゴや海洋生物の研究を目的に設立された海洋センターです。パラオ共和国は南太平洋のミクロネシア地域にある島々からなる国家です。サンゴ礁に囲まれた、美しいエメラルドグリーンの海で知られ、マリンスポーツを楽しむ観光客が数多く訪れます。2006年、首都がコロール島のコロールから、バベルダオブ島の東岸にあるマルキョク州のマルキョクに移されました。パラオ国際サンゴセンターはかつての首都があったコロール島の西端に位置しています。