ウィーンの街の中心にあるハプスブルク家の全盛期に使用されていた宮殿と庭園です。現在は博物館、美術館、国立図書館、王宮礼拝堂など見学できるエリアもあるとされています。宮殿の一部はオーストリア連邦大統領の公邸として現在使用されています。ハプスブルク家の皇妃エリザベートが使用した遺品や肖像画をコレクションとして展示しているシシィ博物館があります。シシィとはエリザベート王妃の愛称として現在でも親しまれています。王宮宝物館、王宮家具博物館なども見学できるエリアとされています。
歴史
13世紀頃に建設された宮殿としています。歴代のハプスブルク家が使用する王宮で神聖ローマ皇帝、オーストリア皇帝の住居として使用されていました。18棟の建物と19の庭園から成り2500以上もの部屋数があるとしています。16世紀には厩舎とアマリア宮を増築し、17世紀にレオポルド宮殿、18世紀に帝国宰相宮、書庫、乗馬学校を増築したとしています。改修を繰り返し20世紀初頭、現在の姿となったとしています。

見どころ
【シシィ博物館】シシィの名で親しまれているエリザベート王妃は美に対する思いが強い女性でした。彼女が使ったとされる運動器具なども展示されているとしています。彼女が着用していた夏用のドレスのレプリカ、戴冠式用のドレスのレプリカ、日常に愛用した品々など生活を垣間見られるコレクションがあるといいます。【宮廷銀器コレクション】長さ30メートルのテーブル中央に置くミラノ製の食卓飾り、繊細なタッチで描かれた飾り皿、140人分のディナーセッティングなどを見られます。細部まで見ると時間がかかる程のコレクションがあるとされています。
3アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 日本語ガイドとウィーン旧市街を散策しながら、今なお語り継がれるオーストリア皇妃エリザベートの軌跡を辿ります。ハプスブルグ家の栄光を辿るとともに、この時代を生き抜いた皇妃エリザベートの生涯に迫っていきます。
    日本語対応あり

    EUR70.00

    グループ割引
    毎日
    3.5時間 (午前, 午後)
  2. ウィーンの主要観光スポットをまわる乗り降り自由の観光バスチケットです。滞在時間が短い方のために1日または2日乗車券をご用意しました。日本語を含む16ヶ国語の車内オーディオガイド付きです!
    日本語対応あり

    EUR29.00

    毎日
  3. ウィーンに来たのならまず参加したい☆市内観光と世界遺産シェーンブルン宮殿がセットになった半日ツアー!宮殿には待ち時間なしでご案内!王家や芸術家によって築かれた華麗なスポットをお楽しみください。

    EUR54.00

    毎日
    4時間 (午前)

ウィーンの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

ホーフブルク宮殿 (王宮) (観光情報) | ウィーン観光| VELTRA(ベルトラ)

ウィーンの街の中心にあるハプスブルク家の全盛期に使用されていた宮殿と庭園です。現在は博物館、美術館、国立図書館、王宮礼拝堂など見学できるエリアもあるとされています。宮殿の一部はオーストリア連邦大統領の公邸として現在使用されています。ハプスブルク家の皇妃エリザベートが使用した遺品や肖像画をコレクションとして展示しているシシィ博物館があります。シシィとはエリザベート王妃の愛称として現在でも親しまれています。王宮宝物館、王宮家具博物館なども見学できるエリアとされています。