主祭壇の上にあるドーム形の天井には円窓もあり外からの光を取り入れ教会の内部は大変明るいとされています。天井にはフレスコ画が描かれていてヨハン・ミヒャエル・ロットマイヤーの作品「聖母マリアの被昇天」とされています。平日の15時よりパイプオルガンを使用した無料の音楽会が開かれるとしています。ドーム形天井などにより音響効果がよく教会の内部の美しさと共に感動するでしょう。主祭壇も美しく教会で音楽を楽しむには良い環境とされています。
歴史
792年にかつてヨーロッパの多くを支配したとするカール大帝によってロマネスク様式で建設された教会としています。1702年から1708年にかけて教会は老朽化により改修されました。ベルヴェデーレ宮殿の建築に関わったヨハン・ルーカス・フォン・ヒルデブラントがバロック様式として教会を再建築したといいます。現在に残る教会の姿だとしています。ウィーンにある教会の中で2番目に古い教会とされています。

見どころ
【無料オルガンコンサート】毎週月曜日から金曜日の15時より無料でパイプオルガンの演奏会が催されるとしています。土曜日、日曜日は20時より演奏会があるとされています。15分程度の音楽会です。終了後は寄付金を気持ち程度入れるといいでしょう。音響効果がよく厳かな教会でパイプオルガンの音色を聴くと普段味わえない雰囲気を楽しめるでしょう。【ドーム天井のフレスコ画】ザルツブルク出身のヨハン・ミヒャエル・ロットマイヤーが描いた「聖母マリアの被昇天」とされています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ウィーンの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

ペーター教会 (観光情報) | ウィーン観光| VELTRA(ベルトラ)

主祭壇の上にあるドーム形の天井には円窓もあり外からの光を取り入れ教会の内部は大変明るいとされています。天井にはフレスコ画が描かれていてヨハン・ミヒャエル・ロットマイヤーの作品「聖母マリアの被昇天」とされています。平日の15時よりパイプオルガンを使用した無料の音楽会が開かれるとしています。ドーム形天井などにより音響効果がよく教会の内部の美しさと共に感動するでしょう。主祭壇も美しく教会で音楽を楽しむには良い環境とされています。