市街地にあるカールス広場の近隣にあるドーム型のバロック建築で建設された教会です。教会に関わった聖人たちの遺物を展示している小規模なボロメウス博物館が併設されているとしています。教会の内部にある高い天井にはフラスコ画が荘厳に描かれエレベーターで上ると目の前で見られる教会としても有名です。周囲には大理石で造られた柱や彫刻、金やカラフルな色を使ってデザインが施された内装は圧巻です。教会の前には大きな池があり、池の周囲に腰をかけ市民の憩いの場所となっているといいます。教会の正面に立っている円柱はペストを駆除できるように願った守護聖人カール・ボロメウスの生涯が彫刻しているとされています。
歴史
1739年に建立された教会です。1723年にペストが大流行し鎮静を願って神聖ローマ帝国カール6世が守護聖人カール・ボロメウスにペストがなくなれば教会を建設すると誓ったとされています。翌年以降ペストは治まっていったとされています。バロック様式で建設されている教会は、高さ72mのドーム型をしています。教会の前にはシンメトリーに建てられた円柱があります。ローマにあるトラヤヌス記念碑をヒントに建設されたとしています。均整のとれた教会は、宮廷建築家ヨハン・フィッシャー・フォン・エアラッハとその息子によって建設されたといいます。

見どころ
【博物館】小規模なボロメウス博物館が併設されています。教会に関わった過去の聖人たちの遺品を保管しているとしています。ミラノの大司教をつとめたカール・ボロメウスが巡礼の際に着ていた着衣や遺物などを展示しているといいます。【内部パノラマリフト】天井に描かれているフラスコ画をまぢかに見られるパノラマリフトと呼ばれるエレベーターがあるとされています。エレベーターを降りて階段を上ればフラスコ画を目の前に見られます。オーストリアの画家ヨハン・ミヒャエル・ロットマイヤー描いたフラスコ画とされています。【パイプオルガン】毎週土曜日に定期音楽会が行われるといいます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ウィーンの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

カールス教会 (観光情報) | ウィーン観光| VELTRA(ベルトラ)

市街地にあるカールス広場の近隣にあるドーム型のバロック建築で建設された教会です。教会に関わった聖人たちの遺物を展示している小規模なボロメウス博物館が併設されているとしています。教会の内部にある高い天井にはフラスコ画が荘厳に描かれエレベーターで上ると目の前で見られる教会としても有名です。周囲には大理石で造られた柱や彫刻、金やカラフルな色を使ってデザインが施された内装は圧巻です。教会の前には大きな池があり、池の周囲に腰をかけ市民の憩いの場所となっているといいます。教会の正面に立っている円柱はペストを駆除できるように願った守護聖人カール・ボロメウスの生涯が彫刻しているとされています。