現代美術の作品を鑑賞できる施設です。建物は目をひくドーム形のモチーフがある珍しい建築方法でドームには金色をした月桂樹の葉で造られています。人々からは「金のキャベツ」と呼ばれ親しまれているといいます。ウィーン分離派の画家グスタフ・クリムトの制作した作品を保存しています。地下のホールには長さ34メートルの大きさをしたコレクションが保管されています。上の階では毎年展覧会が行われ最も新しい現代美術を展示しているといいます。
歴史
1897年にグスタフ・クリムトが新たに分離派(セセッシオン)といわれる芸術家の組織を結成し1898年に分離派(セセッシオン)と名付けられたギャラリーを建設したとされています。建設は近代建築の思想を引き継いだヨーゼフ・マリア・オルブリッヒが設計したとされています。建物の特徴的な月桂樹の葉のモチーフは3,000枚、実は700個を使って表現しているといいます。

見どころ
【「ベートーヴェン・フリース」】グスタフ・クリムトが制作した大作の絵画です。長さ34メートルあり、地下のホールに展示されているとしています。【グスタフ・クリムト】19世紀に新しい風を吹き込んだとされるウィーンの芸術家です。金色の配色を多く使った色彩でコレクションは制作されているとしています。絵画は平面的に描かれている特徴もあるといいます。【建物】建物の上部に月桂樹の葉をモチーフにしたドーム形のデザインがほどこされています。金色をしたモチーフはグスタフ・クリムトの基調とする配色をイメージさせるモチーフとされています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ウィーンの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

セセッシオン (観光情報) | ウィーン観光| VELTRA(ベルトラ)

現代美術の作品を鑑賞できる施設です。建物は目をひくドーム形のモチーフがある珍しい建築方法でドームには金色をした月桂樹の葉で造られています。人々からは「金のキャベツ」と呼ばれ親しまれているといいます。ウィーン分離派の画家グスタフ・クリムトの制作した作品を保存しています。地下のホールには長さ34メートルの大きさをしたコレクションが保管されています。上の階では毎年展覧会が行われ最も新しい現代美術を展示しているといいます。