旧市街のグラーベン通りに白と金色を基調とした高さのある記念塔です。地下鉄シュテファンプラッツ駅からほど近い距離にあるとされています。ウィーンでは、かつてペストが大流行し多数の死者を出したとされています。その終焉を記念し建てられた塔とされています。当時ヨーロッパでは各地でペストが流行し終結した記念塔も各地で建てられているとしています。記念塔はペストが終結した町の人々からの感謝を込めた念が表現されているとしています。
歴史
1679年にヨーロッパ各地で流行ったペストはウィーンへも猛威をふるったとされています。ペストの影響で10万人以上の人々が命を落としたとされています。当時の皇帝レオポルト1世によってペストが終息したことに神へ感謝を表す意味で記念塔を建てたといいます。塔の上には黄金色の彫刻があり「父、子、聖霊」を表現したとされています。彫刻は「三位一体」を表していることから「三位一体記念柱」とも呼ばれています。1682年に建設をし完成は1686年だったとしています。

見どころ
【記念塔】塔の台部分にはハプスブルク家が当時支配をしていたとされるオーストリア、ハンガリー、ボヘミアの3ケ国の紋章がデザインされているとしています。大理石で造られていて人物も美しく彫刻されています。塔は広場の中心にあり周りには高級店など、さまざまな店舗があるとされているためショッピングの途中に見学するといいでしょう。「三位一体記念柱」ともいわれているといいます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ウィーンの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

ペスト記念塔 (観光情報) | ウィーン観光| VELTRA(ベルトラ)

旧市街のグラーベン通りに白と金色を基調とした高さのある記念塔です。地下鉄シュテファンプラッツ駅からほど近い距離にあるとされています。ウィーンでは、かつてペストが大流行し多数の死者を出したとされています。その終焉を記念し建てられた塔とされています。当時ヨーロッパでは各地でペストが流行し終結した記念塔も各地で建てられているとしています。記念塔はペストが終結した町の人々からの感謝を込めた念が表現されているとしています。