ホーフブルク宮殿の入り口にある壮大な門です。ハプスブルク家のご用達となっている店舗がある通りコールマルクト通りを南方向へ行った先にあります。門をくぐり中央を見上げるとドーム形の天井があります。美しい姿の中に円窓があり光を取り込んでいます。宮殿を住居としていたハプスブルク家の権威の偉大さをうかがわせる豪華な門とされています。門の大きさは現在も車、バス、馬車などが通られるとしています。
歴史
1889年から1893年にかけて建設された門としています。オーストリア帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の時代に建設されたとしています。なだらかな曲線にデザインされた門で彫刻も美しく施されています。ローマにある凱旋門を模してデザインしたとされています。門の両側にギリシャ神話に登場するヘラクレスなどの男性像がデザインされています。門の中央には高さ37メートルのドーム形天井があります。

見どころ
【門の中のドーム】門の中に入ると天井はドーム形になっています。ドーム形天井にはフレスコ画が描かれています。円窓もデザインされていて外の光を美しく取り込んでいるとしています。【中庭】ミヒャエル門をくぐると中庭にでます。最後の神聖ローマ皇帝フランツ2世の像が飾られています。【ミヒャエル広場】ミヒャエル門の前に広がる広場です。広場の中央に古代ローマ時代の遺跡を見られます。「ウィンドボナ遺跡」と呼ばれる遺跡群です。当時住居があったと文献で分かったとされています。【噴水】門の両側に「海の力」と「大地の力」を表現した噴水があるとしています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ウィーンの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

ミヒャエル門 (観光情報) | ウィーン観光| VELTRA(ベルトラ)

ホーフブルク宮殿の入り口にある壮大な門です。ハプスブルク家のご用達となっている店舗がある通りコールマルクト通りを南方向へ行った先にあります。門をくぐり中央を見上げるとドーム形の天井があります。美しい姿の中に円窓があり光を取り込んでいます。宮殿を住居としていたハプスブルク家の権威の偉大さをうかがわせる豪華な門とされています。門の大きさは現在も車、バス、馬車などが通られるとしています。