ブリュージュ歴史地区 (観光情報) (観光情報) | ベルギー観光 VELTRA(ベルトラ)
世界遺産の中でも珍しい町全体が世界遺産として登録されているブリュージュの町をいいます。歴史地区といわれるブリュージュには、マルクト広場を中心としたランドマークに鐘楼があったり、運河沿いに建ち並ぶギルドハウス群を見られたり、石畳の町から路地に入って表とは違う雰囲気を味わえたりする町とされています。町の中を散策していると中世の時代から変わらない様子を味わえます。歴史地区を散策していると品のある町並みを楽しめ他の町とは違った印象を味わえるでしょう。
歴史
13世紀から14世紀にブリュージュで毛織物工業が発展していきました。15世紀後半に、北海とつながる水路が泥で埋まってしまい船の往来が不可能となり交易が衰退していったとしています。外部との接触ができなくなったことで町は当時のまま維持され他国からの影響も受けなかったことで町全体が美しいまま存続していったとされています。ブリュージュ「Brugge」とは、「橋」を意味していて運河が多いブリュージュの町には、橋が多く運河にかかっています。水の都とも呼ばれる所以とされています。

見どころ
【マルクト広場】世界遺産として登録されている広場です。ほぼ四角形で面積は1ヘクタールある広場の周辺にはギルドハウス、鐘楼、州庁舎などが建ち並ぶ町の中心とされている広場です。石畳の広場で、中世の趣を味わえる雰囲気があるとされています。【鐘楼】マルクト広場にある鐘楼です。366段ある螺旋階段を上り展望から町の眺望を楽しめるとされています。15分毎に奏でるカリヨンの音色が中世の時代を感じさせてくれるでしょう。近くのベンチなどに座って鐘の音色を楽しむといいでしょう。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ベルギーの人気アクティビティランキング

ブリュージュ歴史地区 (観光情報) | ベルギー観光| VELTRA(ベルトラ)

世界遺産の中でも珍しい町全体が世界遺産として登録されているブリュージュの町をいいます。歴史地区といわれるブリュージュには、マルクト広場を中心としたランドマークに鐘楼があったり、運河沿いに建ち並ぶギルドハウス群を見られたり、石畳の町から路地に入って表とは違う雰囲気を味わえたりする町とされています。町の中を散策していると中世の時代から変わらない様子を味わえます。歴史地区を散策していると品のある町並みを楽しめ他の町とは違った印象を味わえるでしょう。