ゲントの街にある橋で、ここから見渡せる四方の景色は大変美しい眺めとされています。レイエ川を渡る聖ミヒエル橋から運河沿いのエリアである右側をグラスレイ地区、左側をコーレンレイ地区の両方が見渡せるとされています。写真を撮るのにも適した場所ですし、ギルドハウスの街並みを眺める場所としても最適です。日が暮れる夕暮れから夜のライトアップも大変幻想的で絵本の中に飛び込んだような錯覚をさせてくれるでしょう。
歴史
石で造られたアーチ状のベルギーの都市ゲントにある橋です。橋は比較的新しく1905年から1909年に記念碑的なシンボルとして建設されました。運河のグラスレイとコーレンレイを横切る方角に建てられています。旧郵便局を建設した同じ建築家であるルイ・クローケーが設計したとされています。橋からは、聖ニコラス教会、ゲントの鐘楼、聖バーフ大聖堂を見渡せます。橋の反対側、南西の方角に聖ミヒエル教会があります。1983年に記念の橋として保護されているといいます。

見どころ
【橋からの眺望】運河レイエ川をまたぐ橋から2手に分かれて流れる運河、グラスレイ側とコーンレンレイ側の情景を美しく見られる位置にある橋です。運河沿いに佇む優美な形のファサードをした多くのギルドハウスを見渡せ、まるで中世の時代に入り込んだような錯覚をさせてくれる場所として有名です。ゲントの街の中心地にある鐘楼も目に入ります。街の中も橋もトラムが走っている場所も全て石畳をしている状態が、足元から歴史を感じさせられずにはいられない場所とされています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ベルギーの人気アクティビティランキング

聖ミヒエル橋 (観光情報) | ベルギー観光| VELTRA(ベルトラ)

ゲントの街にある橋で、ここから見渡せる四方の景色は大変美しい眺めとされています。レイエ川を渡る聖ミヒエル橋から運河沿いのエリアである右側をグラスレイ地区、左側をコーレンレイ地区の両方が見渡せるとされています。写真を撮るのにも適した場所ですし、ギルドハウスの街並みを眺める場所としても最適です。日が暮れる夕暮れから夜のライトアップも大変幻想的で絵本の中に飛び込んだような錯覚をさせてくれるでしょう。