ゲントにある鐘楼は、エレベーターで頂上まで登れます。頂上からゲントの市街地を見渡せ東側には聖バーフ大聖堂、西側には聖ニコラス教会を楽しめるとされています。ゲントの街は中世に建てられた建造物が多く頂上からの眺望は必見とされています。エレベーターまでにある螺旋状の階段には展示物があるので見ながら登れます。鐘楼にはカリヨンが設置されていて時間になると美しい音色を奏でます。街に流れる中世からの変わらない空気を感じられるでしょう。鐘楼の東側に繊維ホールがあり中に展示されたゲントの歴史を学べる資料などを見られます。
歴史
ゲントにある鐘楼と繊維ホールは、街の中心地に位置します。1999年にゲントにある鐘楼を含めベルギーにある鐘楼群として32塔、世界遺産として登録されたのが始まりとされています。鐘楼は1313年から1380年の間に建設されました。繊維ホールは1425年-1444年に最初の部分が建設され景気が悪くなったため、その後19世紀後半から20世紀初頭にかけて完成されたといいます。

見どころ
【鐘楼】頂上までは、階段でもエレベーターでも登れます。高さは91mで鐘楼の上には黄金の龍が飾られています。1377年に最初の龍として飾られた像の重さは、400kgの銅製とされていました。現在の龍は複製の像で3代目とされています。最初の龍は、見張り番の部屋に飾られています。鐘楼にあるカリヨンと呼ばれる鐘は44個設置されています。自動演奏装置と連動され丸みのある温かい音色を楽しめるとされています。【繊維ホール】11世紀から12世紀にかけてイギリスから輸入された羊毛産業が発展していったとされています。布貿易として他国と競争し、生地の需要に苦労した経緯などを展示から学べるとされています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ベルギーの人気アクティビティランキング

鐘楼と繊維ホール (観光情報) | ベルギー観光| VELTRA(ベルトラ)

ゲントにある鐘楼は、エレベーターで頂上まで登れます。頂上からゲントの市街地を見渡せ東側には聖バーフ大聖堂、西側には聖ニコラス教会を楽しめるとされています。ゲントの街は中世に建てられた建造物が多く頂上からの眺望は必見とされています。エレベーターまでにある螺旋状の階段には展示物があるので見ながら登れます。鐘楼にはカリヨンが設置されていて時間になると美しい音色を奏でます。街に流れる中世からの変わらない空気を感じられるでしょう。鐘楼の東側に繊維ホールがあり中に展示されたゲントの歴史を学べる資料などを見られます。