聖バーフ大聖堂 (観光情報) (観光情報) | ベルギー観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
聖バーフ大聖堂
ベルギーの北西部にあるゲントの街にある大聖堂です。教会の内部にファン・アイク兄弟の合作した祭壇画「神秘の子羊」が飾られていることで有名とされています。初期のフランドル絵画において最高傑作として伝えられ現物が美しく保存されています。画家のルーベンスが描いた「聖バーフ修道院入門」の絵画も飾られています。外観は、背の高い塔がそびえ立つ教会で石に彫られた彫刻が美しい教会です。パイプオルガンも大きく素晴らしい輝きをしているといいます。
歴史
12世紀から建設された教会で、ロマネスク様式とゴシック様式を織り交ぜた建築様式で建てられています。完成までに約400年かかり16世紀に完成したとされています。神聖ローマ帝国の皇帝であったカール5世が洗礼を受けた大聖堂として格式のある大聖堂として有名です。内部に保存されている祭壇画「神秘の子羊」は、街の貴族によって大聖堂へ寄付されたといいます。ファン・アイク兄弟の兄のヒューベルトが祭壇画の製作に手がけたが未完成のまま1426年に死去したとされています。弟のヤンがその後を引き継ぎ三連続く祭壇画を完成させたといいます。

見どころ
【「神秘の子羊」】15世紀に書かれた祭壇画で繊細な細部の描写は目を楽しませてくれるでしょう。街を代表した「ゲントの祭壇画」と呼ばれ24の場面に分けられた絵画を祭壇画とした作品です。背面にも絵画が施され、受胎告知の絵とこの絵を寄贈した貴族の絵が描かれています。【「聖バーフ修道院入門」】ルーベンスが描いた作品が飾られています。【地下クリプト】地下にも礼拝堂があります。1150年頃の様子に触れることができ当時の法王が着ていた法衣、宝飾品、崩れかけた壁などが見られます。時間によって入場できるので確認するといいでしょう。

聖バーフ大聖堂 (観光情報) (観光情報) | ベルギー観光 VELTRA(ベルトラ)
ベルギーの北西部にあるゲントの街にある大聖堂です。教会の内部にファン・アイク兄弟の合作した祭壇画「神秘の子羊」が飾られていることで有名とされています。初期のフランドル絵画において最高傑作として伝えられ現物が美しく保存されています。画家のルーベンスが描いた「聖バーフ修道院入門」の絵画も飾られています。外観は、背の高い塔がそびえ立つ教会で石に彫られた彫刻が美しい教会です。パイプオルガンも大きく素晴らしい輝きをしているといいます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜