フランドル地方の画家である巨匠ピーテル・パウル・ルーベンスが実際に生活し生涯を終えた家です。ルーベンスの自画像、製作した絵画などが展示されています。内装は豪華で、邸宅に置かれている調度品、絵画、彫刻などは全てルーベンスが生前の時代に飾られていた美術品とされています。外観は、2種類に分かれていて、右側は石造り、左側は煉瓦造りとなっています。石造りは、イタリアのバロックスタイルによって建設されていて、アトリエとして使用されていました。煉瓦造りは、フランダース地方の時代を反映した建築スタイルで住居として使用されていました。美術館のような邸宅は、当時を感じられる建物として人気とされています。
歴史
画家である巨匠と呼ばれるルーベンスは、1610年辺りから、土地と建物を購入しこの邸宅に住み始めたとされています。自分で建物のデザインをし改装をした建物とされています。亡くなる1640年まで約30年間を過ごし、画家として作品の創作活動を続けていました。外交官としも活躍していてお金には余裕があり、何か国語もの言葉を巧みに操り芸術にも才能を発揮していました。彼が死亡した後、未亡人となった妻は再婚し、建物は売却されたといいます。1937年にアントワープ市が買収し修復してルーベンスの邸宅として保存されています。

見どころ
【館内】ルーベンスが弟子と共に製作した作品や、他の多くの画家が製作した絵画が隙間なく展示されています。邸宅として使われていたため、キッチン、寝室、暖炉のある居間、その他の部屋など重厚な雰囲気で見ごたえがあるとされています。ギャラリーもあり石像などが展示されています。【中庭】中庭に小さな花壇、石像、噴水、石造りのアーチ型になった門にある彫刻も必見とされています。季節によって咲く花を鑑賞していると落ち着く庭の雰囲気を楽しめます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ベルギーの人気アクティビティランキング

ルーベンスの家 (観光情報) | ベルギー観光| VELTRA(ベルトラ)

フランドル地方の画家である巨匠ピーテル・パウル・ルーベンスが実際に生活し生涯を終えた家です。ルーベンスの自画像、製作した絵画などが展示されています。内装は豪華で、邸宅に置かれている調度品、絵画、彫刻などは全てルーベンスが生前の時代に飾られていた美術品とされています。外観は、2種類に分かれていて、右側は石造り、左側は煉瓦造りとなっています。石造りは、イタリアのバロックスタイルによって建設されていて、アトリエとして使用されていました。煉瓦造りは、フランダース地方の時代を反映した建築スタイルで住居として使用されていました。美術館のような邸宅は、当時を感じられる建物として人気とされています。