グロート・マルクト (観光情報) (観光情報) | ベルギー観光 VELTRA(ベルトラ)
歴史地区に指定されているアントワープの街の中心にある広場です。周囲には、市庁舎や商工業組合であるギルドハウスが建てられています。ほぼ正方形に囲まれて建てられている建造物です。美術館、博物館、ショッピング街がこの広場から徒歩圏内で行ける距離にあり大変便利な位置にあります。この広場から聖母大聖堂も見ることができ夕方に日が落ちて西日が当たる大聖堂の塔は、とても美しい輝きを見せるとされています。この広場を観光の拠点とすると便利でしょう。
歴史
13世紀以降、街の中心になる広場として使われてきたとされています。大きさは、さほど広く感じない様子ですが「小市場」と区別するために「大市場」というグロート・マルクト「Grote Merct」と呼ばれるように16世紀以降になったとされています。市庁舎が建ったことで広場が狭くなったともされています。市庁舎は、1561年~1565年を通して建設されました。アントワープが最も栄えた時期に建てられた象徴とされています。コルネリス・フロリス・デ・フリーント二世「Cornelis Floris Ⅱ de Vriendt」によって市庁舎は設計されたとしています。

見どころ
【ブラボーの像「Brabo 」】広場の中央にある噴水と共に建っている銅像です。1887年にジェフ・ランボー「Jef Lambaux」によって作られたとされています。この銅像が建てられる前は「自由の木」と呼ばれる木があったとされています。「フランダースの犬」の物語が有名になる以前の木とされています。【広場を囲むギルドハウス】市庁舎を中心として左右に建てられている建物が商業組合の集会所として利用されたギルドハウスです。建物の頂上に金色の像が飾られています。その様子で何の職業のギルドハウスを表現しているといいます。広場の周囲にある殆どの建物は19世紀に修復や再建がされた建物とされています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ベルギーの人気アクティビティランキング

グロート・マルクト (観光情報) | ベルギー観光| VELTRA(ベルトラ)

歴史地区に指定されているアントワープの街の中心にある広場です。周囲には、市庁舎や商工業組合であるギルドハウスが建てられています。ほぼ正方形に囲まれて建てられている建造物です。美術館、博物館、ショッピング街がこの広場から徒歩圏内で行ける距離にあり大変便利な位置にあります。この広場から聖母大聖堂も見ることができ夕方に日が落ちて西日が当たる大聖堂の塔は、とても美しい輝きを見せるとされています。この広場を観光の拠点とすると便利でしょう。