ベルギーの画家であるルネ・マグリットの作品を展示している美術館です。ワロン地方にあるレシーヌ地域に生を受け、首都ブリュッセルで長く生活をしていたとされています。シュルレアリスム「超現実主義派」の画家として活躍し、世界でも有名なアーティストです。代表作は「光の帝国」、違ったテーマでは「ブリュッセルとマグリット」「戦争に対して」「マグリットとコミュニズム」「黒魔術」などを見られます。内部はフロアーごとに時代を区切りコレクションを展示しているとされています。
歴史
2009年6月にオープンした美術館です。マグリット財団によって収集された作品は200点以上になります。美術館はマグリット財団の確立によりブリュッセルの都市や地域だけでなくベルギーにおいて文化的また経済的な発展を遂げているとされています。昔はアンテンロー邸宅として使用されていてネオ・クラッシック様式の4階建ての建造物です。王立美術館の近隣にあり、内部で2つの美術館を?いでいる構造となっています。

見どころ
【ルネ・マグリット】作者であるルネ・マグリットはシュルレアリスム「超現実主義」の影響を受け、現実離れしているように見える作品はアーティストの心の様子を描いているとされ、その上にある現実を表現した絵画といわれています。1924年以降、シュルレアリスム運動が始まり一時いたパリからベルギーへ戻ったマグリットは、その後1800以上の作品を残しているとされています。美術館の各階にマグリット氏が友人たちと撮っていたとされる映像がながされているといいます。20世紀における最も有名なアーティストの一人として知られています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ベルギーの人気アクティビティランキング

マグリット美術館 (観光情報) | ベルギー観光| VELTRA(ベルトラ)

ベルギーの画家であるルネ・マグリットの作品を展示している美術館です。ワロン地方にあるレシーヌ地域に生を受け、首都ブリュッセルで長く生活をしていたとされています。シュルレアリスム「超現実主義派」の画家として活躍し、世界でも有名なアーティストです。代表作は「光の帝国」、違ったテーマでは「ブリュッセルとマグリット」「戦争に対して」「マグリットとコミュニズム」「黒魔術」などを見られます。内部はフロアーごとに時代を区切りコレクションを展示しているとされています。