グランプラス広場の中にある館です。館の正面である側面には歴代ブラバン公の胸像が端から端まで飾られているとされています。建物の中段には金箔模様が使用されていて美しい輝きを放っています。同業者組合の集まる場としてギルドハウスが建てられ6棟が1つになった建物がこの館とされています。1階と地下にはレストランがあり、上階はホテルとなっていて観光地巡りに便利な場所となっているとされています。
歴史
1882年に建築された館は、グランプラスの広場の中でも一番新しい館とされています。館の正面部分はコロサルといわれる建築様式を使用されています。古典建築と呼ばれるこの様式は、バロック様式であるイタリア・フラマン様式を変化させたものとされています。建物はイタリアの影響を受けているとされているが、屋根の形状はフランスの影響を受けているとされています。

見どころ
【1階と地階のレストラン】広場に面した地下へ行ける入り口から入れます。ベルギーの家庭料理を楽しめるとされています。【上階のホテル】ブリュッセルの街を観光するには最適な場所のホテルとなるでしょう。早朝のグランプラス広場の様子や夜の幻想的な雰囲気を楽しみたい方にはお勧めの宿泊先となるでしょう。【チョコレート博物館】ベルギーはチョコレートの発祥地ともいわれています。1998年にオープンした博物館でチョコレートの製造方法を学べるビデオがあるとされています。チョコレートメーカー「プラリネ」の作り方を実演も見られます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ベルギーの人気アクティビティランキング

ブラバン公爵の館 (観光情報) | ベルギー観光| VELTRA(ベルトラ)

グランプラス広場の中にある館です。館の正面である側面には歴代ブラバン公の胸像が端から端まで飾られているとされています。建物の中段には金箔模様が使用されていて美しい輝きを放っています。同業者組合の集まる場としてギルドハウスが建てられ6棟が1つになった建物がこの館とされています。1階と地下にはレストランがあり、上階はホテルとなっていて観光地巡りに便利な場所となっているとされています。