ティーン教会(Church of Our Lady Before T?n)は「税関(ティーン)の前にある聖母マリアの教会」という意味です。その外観はロマンティックでヨーロッパ随一といわれるほどの美しさです。おとぎ話に出てきそうなゴシック様式で建てられ、特徴的な大きな屋根のある建物です。正面のファサードには80メートルにもなる高い塔が二本あり、それぞれの塔は四つの細い尖塔で飾られています。幻想的な黒い尖塔はとても目立っています。
歴史
12世紀に建てられたティーン教会は、14世紀に改築され現在のようなゴシック様式の建物となりました。ティーン教会はもともとフス派のプロテスタントの教会でしたが、17世紀に起こった三十年戦争のビーラー・ホラの戦いの結果、ローマカトリックの教会へ変えられてしまいました。それに怒ったプロテスタント系の人々がこの教会の入り口をふさいでしまったため、現在でも教会の入り口は旧市街広場から見ることができません。教会の前にあるティーン学校を通り抜けて入るようになっています。

見どころ
ティーン教会の見どころは、なんといってもその外観です。プラハのランドマークの一つとされる聖ヴィート大聖堂と同じ建設者ペトル・パルレーシュによる華麗な装飾が施された美しい外観は世界中の観光客に人気があります。改修や改築を繰り返し、完成したのは20世紀に入ってからというこの教会は現在でも毎週数多くのミサが行われています。プラハで最も古いパイプオルガンや、カレル・スクレタによる17世紀に描かれた祭壇画もぜひご覧ください。また偉大な天文学者として知られるティコ・ブラーエのお墓もあります。 
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

チェコの人気アクティビティランキング

ティーン教会 (観光情報) | チェコ観光| VELTRA(ベルトラ)

ティーン教会(Church of Our Lady Before T?n)は「税関(ティーン)の前にある聖母マリアの教会」という意味です。その外観はロマンティックでヨーロッパ随一といわれるほどの美しさです。おとぎ話に出てきそうなゴシック様式で建てられ、特徴的な大きな屋根のある建物です。正面のファサードには80メートルにもなる高い塔が二本あり、それぞれの塔は四つの細い尖塔で飾られています。幻想的な黒い尖塔はとても目立っています。