ヴァーツラフ広場(Vaclavske nam.)はプラハの新市街の中心にある大通りで、全長は750メートルあります。「プラハのシャンゼリゼ」と呼ばれるほどにぎやかで華やかな通りです。20世紀に立てられた建物が多く、アールヌーヴォー様式の建物も並んでいます。現在ではホテルやショッピングセンターなどに改装され、多くの観光客や地元の人々でにぎわっています。カフェやレストラン、ファストフードのお店もたくさん並んでいます。
歴史
14世紀カレル王の時代は「馬市場」と呼ばれていたこの広場は、19世紀に入り急激な近代化と共に再開発されました。1848年、現在のヴァーツラフ広場という名称となり、ヴァーツラフ騎馬像も建てられました。1918年にはこの像の前でチェコスロバキア独立宣言が読み上げられ、1968年のプラハの春では多くのデモが行われました。さらに1989年のビロード革命でも、人々はこの広場に集まりました。ヴァーツラフ広場は、プラハの近代史の舞台となった歴史的な場所なのです。

見どころ
ヴァーツラフ広場の見どころは、にぎやかなお店と美しい通り、そして勇壮なヴァーツラフ騎士像です。19世紀に活躍した彫刻家ヨゼフ・ヴァーツラフ・ミスルベクによって作られたヴァーツラフ広場のシンボル的像です。ボヘミア公でもあったヴァーツラフ一世は、チェコの守護聖人「聖ヴァーツラフ」としても知られています。聖ヴィート大聖堂のもととなった聖堂を建造した人物でもあります。中世から伝わる伝説によると、民族の危機によみがえり騎士と共に外敵と戦い民族を守ってくれるそうです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

チェコの人気アクティビティランキング

ヴァーツラフ広場 (観光情報) | チェコ観光| VELTRA(ベルトラ)

ヴァーツラフ広場(Vaclavske nam.)はプラハの新市街の中心にある大通りで、全長は750メートルあります。「プラハのシャンゼリゼ」と呼ばれるほどにぎやかで華やかな通りです。20世紀に立てられた建物が多く、アールヌーヴォー様式の建物も並んでいます。現在ではホテルやショッピングセンターなどに改装され、多くの観光客や地元の人々でにぎわっています。カフェやレストラン、ファストフードのお店もたくさん並んでいます。