スメタナ・ホール (観光情報) (観光情報) | チェコ観光 VELTRA(ベルトラ)
「モルダウ」でおなじみのチェコ出身の有名作曲家スメタナの名前がついたコンサートホールです。プラハを代表するアールヌーボー建築である市民会館の中にあります。スメタナの命日に行われるプラハの春音楽祭の会場として使われ、映画「のだめカンタービレ」のロケ地としても、日本では知られています。コンサートのチケットは通りでモーツァルトのような扮装をした人が売っていますので、気楽に購入できます。ガイドツアーで内部を見学することもできます。
歴史
中世には王宮があった場所ですが、17世紀後半に大火事が発生しました。その後、1912年に完成した市民会館は、建築家のアントニーン・バルシャーネックとオスワルド・ポリーフカによって設計されました。内部にはスメタナホールを始め、ミュシャの壁画が残された市長室やカフェ・レストランなど、いろいろ文化的な施設が入っています。毎年開催されているプラハの春音楽祭は第二次世界大戦後、国の復活を祝し終戦の翌年から行われるようになりました。市民会館の隣りには、1475年にゴシック様式で建てられた火薬塔と呼ばれている建物が残されています。

見どころ
【壁画と彫刻】スメタナホール内を飾る壁画は、市民会館の正面のモザイク画『プラハへの敬意』の作者であるカレル・シュピラルの手によるものです。また、ステージ正面脇の2体の彫刻は、旧市街広場のヤン・フス像の彫刻家ラジスラフ・シャウロンにより制作されました。【プラハの春音楽祭】スメタナホールをメイン会場として、毎年5月12日から3週間行われるクラシックのコンサートイベントです。スメタナの交響詩『わが祖国』(モルダウがその中で特に有名です)がオープニング曲として演奏されるのが恒例です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

チェコの人気アクティビティランキング

スメタナ・ホール (観光情報) | チェコ観光| VELTRA(ベルトラ)

「モルダウ」でおなじみのチェコ出身の有名作曲家スメタナの名前がついたコンサートホールです。プラハを代表するアールヌーボー建築である市民会館の中にあります。スメタナの命日に行われるプラハの春音楽祭の会場として使われ、映画「のだめカンタービレ」のロケ地としても、日本では知られています。コンサートのチケットは通りでモーツァルトのような扮装をした人が売っていますので、気楽に購入できます。ガイドツアーで内部を見学することもできます。