ペトシーン展望台タワー (観光情報) (観光情報) | チェコ観光 VELTRA(ベルトラ)
ペトシーン展望台タワーは、プラハのマラーストラナ地区にある、非常に広大な公園の丘の上に位置しています。公園へはプラハ城から徒歩で行けることもできますが、マラーストラナ地区のペトシーン公園の麓にある、登山電車(ケーブルカー)駅から、電車を利用し、展望タワーのある丘の頂上に登って行くことも出来ます。展望タワーのある公園の周りには、カレル4世の慈善事業である『飢えの壁』や、子供から大人まで楽しめる『鏡の迷路』があり、公園のあちらこちらには、パントマイムをする人や、音楽を演奏する人など、展望タワーにたどり着くまでも、楽しめる道のりになっています。
歴史
ペトシーン展望台タワーは、1891年にパリのエッフェル塔を模して建てられました。 高さ60メートル、重さ175トンあるこの塔は、着工してから5ヶ月で完成しました。その後テレビ放送のアンテナを設置し、テレビ塔としての役目も果たしました。 1979年から1991年までの間、建築上の不具合が問題になり、展望タワーは閉鎖されておりました。 その後、修復され、1991年の3月から、また一般の人々に開放されることになり、今日もたくさんの観光客、チェコの人々が訪れています。

見どころ
ペトシーン展望台タワーの見所は、なんといっても展望台から眺めることの出来る、素晴らしい景色です。 プラハ城、ブルタヴァ川、旧市街、遠くの丘陵、息を飲む美しさです。遥か昔のボヘミアにトリップすることが出来るでしょう。展望台までは、299段の階段を登って行かなければならないのですが、苦労したかいがあると、必ず思える展望の美しさがあります。 チェコの人々は森をとても大切に思っています。この展望台のある公園も、ちょっとした森や林のような趣がある場所もあります。そんなところで思い思いにのんびりと散策するのも、とてもお勧めになっています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

チェコの人気アクティビティランキング

ペトシーン展望台タワー (観光情報) | チェコ観光| VELTRA(ベルトラ)

ペトシーン展望台タワーは、プラハのマラーストラナ地区にある、非常に広大な公園の丘の上に位置しています。公園へはプラハ城から徒歩で行けることもできますが、マラーストラナ地区のペトシーン公園の麓にある、登山電車(ケーブルカー)駅から、電車を利用し、展望タワーのある丘の頂上に登って行くことも出来ます。展望タワーのある公園の周りには、カレル4世の慈善事業である『飢えの壁』や、子供から大人まで楽しめる『鏡の迷路』があり、公園のあちらこちらには、パントマイムをする人や、音楽を演奏する人など、展望タワーにたどり着くまでも、楽しめる道のりになっています。