黄金小路は、プラハ城内の東の門から北側にある石畳の小路です。皇帝ルドルフ2世が錬金術師を住まわせたという話から黄金小路という名が付けられましたが、実際のところは衛兵のための住居だったともいわれています。カラフルな小さな家々が軒を連ね、まるで童話の世界に迷い込んでしまったかのような感じがします。現在はどの家もみやげ物屋になっていますが、プラハ出身の作家、フランツ・カフカが一時使用していた家もここにあります。
歴史
1597年ごろに作られた小路には、初めはプラハ城に使える召使たちが住んでいました。しかし、神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世がボヘミアを統治する時代になると、錬金術師を住まわせるようになったことから黄金小路と呼ばれるようになりました。スドルフ2世は神聖ローマ帝国の中心であるウィーンよりもプラハがお気に入りで、プラハ城で過ごしました。錬金術などオカルト的なものから科学や芸術まで幅広い興味を示したため、ヨーロッパ中から天文学者や芸術家たちが集められ、プラハは活気に満ちあふれた街となりました。

見どころ
【カフカの家】黄金小路の路地沿いの№22の家は、フランツ・カフカが仕事場として使っていた家です。カフカは旧市街の下宿先の騒々しさに悩み、1916年11月から7ヶ月間この家に通って作品を書きました)。【鍛冶屋さんの屋台】プラハならではの珍しいお土産を探すなら、「おもちゃの博物館」前に毎日出ている屋台をチェック!足踏みミシンのような伝統的な「たたら」を使って火をおこし、金床で形を整えた色々な作品を売っています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

チェコの人気アクティビティランキング

黄金小路 (観光情報) | チェコ観光| VELTRA(ベルトラ)

黄金小路は、プラハ城内の東の門から北側にある石畳の小路です。皇帝ルドルフ2世が錬金術師を住まわせたという話から黄金小路という名が付けられましたが、実際のところは衛兵のための住居だったともいわれています。カラフルな小さな家々が軒を連ね、まるで童話の世界に迷い込んでしまったかのような感じがします。現在はどの家もみやげ物屋になっていますが、プラハ出身の作家、フランツ・カフカが一時使用していた家もここにあります。