旧市庁舎の塔は、ポーランドのクラクフにある塔です。中央広場に位置し、世界遺産である旧市街地を見渡すようにたっています。以前は市庁舎に隣接していましたが、現在は塔だけが残されています。チケットを購入すれば、塔の上に登って旧市街地を眺めることもできます。塔の天文時計からは、1時間ごとに仕掛け人形が出てくるので、毎時00分が近くなると観光客が集まってきます。周りにはマーケットやレストランがあり、賑やかな雰囲気を感じられます。
歴史
旧市庁舎の塔があるクラクフは、17世紀にワルシャワに遷都するまではポーランド王国の首都であり、ポーランドでもっとも歴史のある都市です。旧市庁舎の塔は、13世紀の終わりに石とレンガを使ったゴシック建築様式で建設されました。しかし1680年に落雷により尖塔が火災で焼失したため、1683年から再建が行われました。1783年には再び尖塔が崩れ始め、補修がなされました。1820年に市庁舎が取り壊され、塔だけが残された現在の姿となりました。

見どころ
旧市庁舎の塔に行ったら、ぜひ塔の上まで登ってみてください。塔の高さは70メートルあるので、頂上からクラクフ旧市街地が一望できます。広場を行き交う人々の様子や、近隣の教会を上から見ることができ、一味違った楽しみ方ができます。また、塔の中には様々な展示物があり、旧市庁舎の塔やクラクフの歴史を伝えています。塔に登る前に目を通しておくと良いでしょう。塔の周りにはマーケットやレストラン、カフェがありますので、旧市街地を見ながら一休みするのもおすすめです。タイミングが良ければ、時計台から仕掛け人形が出てくる所を見られます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

エストニアの観光地一覧

旧市庁舎の塔 | エストニア観光| VELTRA(ベルトラ)

旧市庁舎の塔は、ポーランドのクラクフにある塔です。中央広場に位置し、世界遺産である旧市街地を見渡すようにたっています。以前は市庁舎に隣接していましたが、現在は塔だけが残されています。チケットを購入すれば、塔の上に登って旧市街地を眺めることもできます。塔の天文時計からは、1時間ごとに仕掛け人形が出てくるので、毎時00分が近くなると観光客が集まってきます。周りにはマーケットやレストランがあり、賑やかな雰囲気を感じられます。