エスプラナーディ公園近くの南港にあるマーケット広場で、ヘルシンキで最もインターナショナルかつ有名なマーケットです。ヘルシンキの台所とも言われます。カラフルなテントが立ち並んでいるので見逃すことはないでしょう。サーモンやヘリング、レンディアを含む伝統的な食べ物、工芸品、お土産、花、野菜、果物、魚、肉類など多種多様の物が売られています。屋台で食事もでき、カフェもあります。広場には、アウトドアのマーケットのみでなく、マーケットホールもあり、同様に多種多様の品物があり、訪ねてみる価値があります。
歴史
1639年に、この場所に市場を開く許可が出され、1743年に、最初の魚の取引が(フェアー)が行われました。広場が形成されたのは、19世紀の始め頃です。残念ながら、第二次世界大戦の被害を受け、多くの建物が破壊されましたが、広場は、今でもいくつかの19世紀の建築物で囲まれています。広場の中央にあるオベリスクは、1835年に、皇帝ニコライ1世夫妻の訪問を記念して、K.Engelにより立てられました。

見どころ
地元の人々も観光客も訪れるマーケット広場は、活気があり、見て回るだけでも楽しく、ヘルシンキで必ず訪れたい場所の一つです。春から秋にかけては、特に、多くの店が出ています。夏は、カラフルな果物、特に、ベリー類の豊富さで有名です。毎年10月初旬には、ヘリングのマーケットが始まりす。毎月最初の金曜日には、アメリカのクラッシックカーの展示が行われています。フィンランドならではの食べ物を楽しんだり、工芸品・手芸品などのお土産選びをしながらの散策がお薦めです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フィンランドの人気アクティビティランキング

マーケット広場(カウッパトリ) (観光情報) | フィンランド観光| VELTRA(ベルトラ)

エスプラナーディ公園近くの南港にあるマーケット広場で、ヘルシンキで最もインターナショナルかつ有名なマーケットです。ヘルシンキの台所とも言われます。カラフルなテントが立ち並んでいるので見逃すことはないでしょう。サーモンやヘリング、レンディアを含む伝統的な食べ物、工芸品、お土産、花、野菜、果物、魚、肉類など多種多様の物が売られています。屋台で食事もでき、カフェもあります。広場には、アウトドアのマーケットのみでなく、マーケットホールもあり、同様に多種多様の品物があり、訪ねてみる価値があります。