ヘルシンキの中央部にある、ヘルシンキのランドマーク・市の象徴であり、最も有名な観光地でもありますす。ネオ・クラシック様式の白い建物に、中央の緑色のドームが、小さな4つのドームに囲まれ、ドームの上には金色の十字架が立ちます。荘厳さと優雅さを備えた、まさに、ヘルシンキ、フィンランドを代表するに相応しい建物です。毎年、年間およそ500,000人が訪れます。宗教儀式や結婚式などで訪れる人の数も含まれていますが、ほとんどが観光客です。
歴史
大聖堂がある地には、以前、ウリカ・エレオノラ(Ulrika Eleonora)教会がありました。スェーデンの女王のウリカ・エレオノラ(1668?1741年)に捧げられた1727年建築の教会でした。ヘルシンキ大聖堂は、1803年から1852年という長い時間をかけて建設されました。設計したのはカール・エンゲルで、後に、エルンスト・ロールマンに引き継がれ完成しました。フィンランドのロシア支配時代(皇帝時代)の建物で、ロシア様式の影響が見られます。以前は、「聖ニコラス教会・大聖堂」(St.Niholas Church and Great Cathedral)という名前でしたが、1917年のフィンランド独立達成時に、ヘルシンキ大聖堂と改称されました。

見どころ
サンクト・ペテルブルグの聖イザック教会を参考にしているとされ、大聖堂に屋根には、12使徒の像があります。像は真鍮でできており世界最大のシリーズの真鍮像です。高さおよそ3mです。中央のドームは、海抜80m以上の高さで、自然光が全方向からふんだんに差し込みます。外観に比べると、シンプルな内部装飾ですが、ルターの宗教観を反映しており、飾り気の無さが魅力となっています。大聖堂の前の階段はとても急で、地元の人々には「崖っぷち」とも表現されていますが、教会からの眺めも素晴らしいです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フィンランドの人気アクティビティランキング

ヘルシンキ大聖堂 (観光情報) | フィンランド観光| VELTRA(ベルトラ)

ヘルシンキの中央部にある、ヘルシンキのランドマーク・市の象徴であり、最も有名な観光地でもありますす。ネオ・クラシック様式の白い建物に、中央の緑色のドームが、小さな4つのドームに囲まれ、ドームの上には金色の十字架が立ちます。荘厳さと優雅さを備えた、まさに、ヘルシンキ、フィンランドを代表するに相応しい建物です。毎年、年間およそ500,000人が訪れます。宗教儀式や結婚式などで訪れる人の数も含まれていますが、ほとんどが観光客です。