フィンランドの国立美術館の一つで、ヘルシンキ中央駅の向かい側にあります。アテネウムの名前は、知恵・芸術・戦闘のギリシャ女神パラス・アテネ(Pallas Athene) から来ています。18世紀半ばのグスタビアン様式(北欧スタイルとロココ調の融合)から20世紀の実験的な作品まで、約20,000点以上のフィンランドの芸術の最大のコレクションを所蔵します。ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、シャガールなどの国際的な画家の傑作も含まれます。
歴史
1846年にフィンランド芸術協会が設立され、1863年に最初の展覧会が開かれました。1864年より政府も教育用の芸術購入を開始しました。1887年にテオドル・ホイエルの設計でアテネウム美術館の建物が完成し、1888年10月13日にコレクションの一般公開が始まりました。1903年に、ゴッホの作品「オーヴェル・シュル・オワーズの通り」を所有し、世界で初めてゴッホの絵を所蔵する美術館となりました。

見どころ
【建物】建物の正面はシンボルや胸像で装飾されています。胸像は、ブラマンテ(建築家)、ラファエロ(画家)、フェイディアス(彫刻家)です。その上の女像柱は、建築、絵画、彫刻、音楽を象徴しています。建物そのものにも見応えがあります。【展示】常設展では、フィンランドの画家の絵画じっくりと見れる貴重の機会であるとともに、セザンヌ・ゴッホ、ムンクなどの作品も鑑賞できます。FOCUSと題する展示では、アテネウム美術館のコレクションからテーマごとに踏み込んだ展示が行われています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フィンランドの人気アクティビティランキング

アテネウム美術館 (観光情報) | フィンランド観光| VELTRA(ベルトラ)

フィンランドの国立美術館の一つで、ヘルシンキ中央駅の向かい側にあります。アテネウムの名前は、知恵・芸術・戦闘のギリシャ女神パラス・アテネ(Pallas Athene) から来ています。18世紀半ばのグスタビアン様式(北欧スタイルとロココ調の融合)から20世紀の実験的な作品まで、約20,000点以上のフィンランドの芸術の最大のコレクションを所蔵します。ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、シャガールなどの国際的な画家の傑作も含まれます。