ヘルシンキの中心部にある博物館は、フィンランドのナショナル・ロマンティク様式の北欧らしい建物にあります。先史時代、中世時代、スウェーデン時代、ロシア時代までの歴史、20世紀以降の独立国フィンランドの歴史や18世紀~19世紀のフィンランドの民族的文化についてなど、10,000年以上に渡るフィンランドの歴史を、様々な展示品と文化的歴史的史料を通して学ぶことができます。硬貨・宝石・銀製品の展示、フィンランドで最大の考古学的な展示も含まれます。
歴史
フィンランド国立博物館の建物は、建築家ヘルマン・ゲセリウスとアルマス・リングドレンの設計で、1905~1910年にかけて建設され、1916年に開館しました。フィンランド国立博物館の名称は、1917年にフィンランドが独立を果たした後に付けれらました。フィンランドの民族意識が高まった時代の建物です。外観はフィンランドの中世の教会や城に似ており、内装は、アール・ヌーボー様式が主流となっています。2000年に、大規模な修復工事の後、再オープンしました。

見どころ
【フレスコ】博物館のエントランスの天井フレスコは、入館料を払わなくても見ることができます。画家アクセリ・ガッレン=カッレラによるもので、「カレワラ」というフィンランドの叙事詩をテーマに描かれています。1928年に作られたもので、フィンランドの民族意識を象徴する作品です。【ワークショップVintti】自分の手や頭を使って、フィンランドの歴史や文化を易しく学ぼうというワークショップです。子供も大人も楽しめます。インターアクティブな展示ですが、通常展示をより深く見たり理解したりする手助けともなるように考案されているユニークなワークショップです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フィンランドの人気アクティビティランキング

フィンランド国立博物館 (観光情報) | フィンランド観光| VELTRA(ベルトラ)

ヘルシンキの中心部にある博物館は、フィンランドのナショナル・ロマンティク様式の北欧らしい建物にあります。先史時代、中世時代、スウェーデン時代、ロシア時代までの歴史、20世紀以降の独立国フィンランドの歴史や18世紀~19世紀のフィンランドの民族的文化についてなど、10,000年以上に渡るフィンランドの歴史を、様々な展示品と文化的歴史的史料を通して学ぶことができます。硬貨・宝石・銀製品の展示、フィンランドで最大の考古学的な展示も含まれます。