ヘルシンキの中心部にあるデザイン・ディストリクトと呼ばれるエリアにあります。フィンランドと海外のデザインを専門として、工業デザイン、ファッション、グラフィックデザインも含まれます。19世紀後半から現在までのコレクションは、75,000以上のアイテム、45,000点以上のスケッチ、125,000点以上の写真と多数です。常設展では、フィンランドデザインの家具、照明、ガラス・陶器、椅子、ファッションなどを見ることができます。定期的に行われる特別展では、毎回、テーマに沿った展示会が行われ注目を浴びます。
歴史
1873年に設立された美術館は、工芸学校の教育用に取集されたコレクション700点で始まり、世界でも最古の一つなるデザイン美術館です。これらのコレクションは現在も展示されています。1978年より、美術館は現在の建物にあります。建物は、元学校(Brobergska Samskolan 高等学校)で、ネオゴシック様式の建築物です。グスタフ・ニーストロームの設計で1895年に建築されました。

見どころ
近年、フィンランドのシンプルで機能的なデザインがますます注目を集めています。コンパクトな美術館ですが、常設展では、1870年から現在までのフィンランドのデザインの歴史を辿ることができます。Arabia(アラビア)Marimekko (マリメッコ)Littala(イッタラ)など、フィンランドの有名なデザイン企業の作品を歴史とともに見ることができます。馴染みのあるガラス、陶器、テキスタイルだけに見て楽しいです。人気のミュージアムショップや子供達用のワークショップもあります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フィンランドの人気アクティビティランキング

デザイン美術館 (観光情報) | フィンランド観光| VELTRA(ベルトラ)

ヘルシンキの中心部にあるデザイン・ディストリクトと呼ばれるエリアにあります。フィンランドと海外のデザインを専門として、工業デザイン、ファッション、グラフィックデザインも含まれます。19世紀後半から現在までのコレクションは、75,000以上のアイテム、45,000点以上のスケッチ、125,000点以上の写真と多数です。常設展では、フィンランドデザインの家具、照明、ガラス・陶器、椅子、ファッションなどを見ることができます。定期的に行われる特別展では、毎回、テーマに沿った展示会が行われ注目を浴びます。