ヘルシンキから北へ約160kmにあるフィンランド第2の都市タンペレ市にあります。ミーミン谷博物館は、市の中心部にあるタンペレ市立美術館にあります。「ムーミン」の作家トーベ・ヤンソンは優れた画家でもありました。彼女が描いたムーミンの原画 の数々、彼女のパートナーであった芸術家トゥーリッキ・ピエティラが作成した立体画、ミニチュアやムーミンの家、オリジナルのムーミンを見ることができるマルチディアなどがあり、ムーミン世界を堪能することができます。
歴史
「ムーミンの家」が1980~1983年に北欧の国々で展示された後、1986年に、再び、タンペレ市で展示されました。その展示会の後、トーベ・ヤンソンはタンペレ市に自らの作品を寄贈し、1987年にムーミン谷博物館が開館しました。2012年まではタンペレ市立図書館の地下にありました。2012年12月より、新しい場所への移動、リニューアルが行われ、2013年1月2日、ムーミン谷博物館はタンペレ市立美術館に再オープンしました。

見どころ
【展示】ムーミン谷博物館でしか見られない「ムーミンの世界」です。博物館全体がほんわかと素朴で暖かい雰囲気です。原画は、見慣れたムーミンの雰囲気よりも芸術的で、作家・画家トーベ・ヤンソンを身近に感じられます。最大の見所は、高さ2.5mの「ムーミンの家」です。5階建ての家の中のムーミン一家の様子がミニチュアで細部に渡るまで作ってあり、見入ってしまいます。【ミュージアムショップ】博物館でしか買えないグッズもたくさんあります。また、ここからお便りを出すと、ムーミン谷博物館の特別スタンプが押されて届けられます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フィンランドの人気アクティビティランキング

ムーミン谷博物館 (観光情報) | フィンランド観光| VELTRA(ベルトラ)

ヘルシンキから北へ約160kmにあるフィンランド第2の都市タンペレ市にあります。ミーミン谷博物館は、市の中心部にあるタンペレ市立美術館にあります。「ムーミン」の作家トーベ・ヤンソンは優れた画家でもありました。彼女が描いたムーミンの原画 の数々、彼女のパートナーであった芸術家トゥーリッキ・ピエティラが作成した立体画、ミニチュアやムーミンの家、オリジナルのムーミンを見ることができるマルチディアなどがあり、ムーミン世界を堪能することができます。