リヨンの旧市街(ヴュー・リヨン) (観光情報) (観光情報) | フランス観光 VELTRA(ベルトラ)
フランスの渡航安全情報
体験を探す
観光情報

リヨンの旧市街(ヴュー・リヨン)

フルヴィエールの丘とソーヌ川に挟まれた地域は、リヨンの旧市街(ヴュー・リヨン)と呼ばれ、特に美しい街並みを残しています。15世紀後半にリヨンの絹織物が国王によって保護され、「絹の町」と呼ばれるようになりました。現在の街並みは15~17世紀に作られたもので、イタリア・ルネッサンス様式で建てられています。「炎のような」という意味を持つフランボワイヤン・ゴシック様式のサン・ジャン大聖堂や、中庭を通り路地と路地をつないでいるトラブールなど、リヨン独特の風景が広がっています。
歴史
リヨンはローマ時代から栄えたフランス第2の都市ですが、15世紀からは定期市の開催や銀行の発展によって経済的に急成長しました。リヨンの旧市街(ヴュー・リヨン)はかつて絹織物業者が多く住んでいた地区で、最盛期には1万8千台もの織機が稼働していたと言われます。リヨンは「絹の町」としてヨーロッパ有数の商業都市に発展しました。石畳と赤茶色の屋根が連なるリヨンの旧市街(ヴュー・リヨン)はルネッサンス時代の繁栄の面影を今に残しています。

見どころ
リヨンの旧市街(ヴュー・リヨン)のイタリア・ルネッサンス様式の建築を見て歩くだけでも、まるで美術館のような楽しさがあります。12世紀に建てられたサン・ジャン大聖堂から、サンポール教会までの道を散策してみましょう。リヨンのルネッサンス建築を代表する、トラブールという通路は独特の趣があります。見学可能な通路には、入り口に看板が掲げてあります。ルネッサンスの館を美術館にしたガダニュ博物館、織物工業の歴史を紹介する織物美術館、ギリシャ、ローマ時代の品から、中世、印象派までの美術を展示したリヨン美術館もおすすめです。

フランス人気アクティビティランキング

リヨンの旧市街(ヴュー・リヨン) (観光情報) (観光情報) | フランス観光 VELTRA(ベルトラ)
フルヴィエールの丘とソーヌ川に挟まれた地域は、リヨンの旧市街(ヴュー・リヨン)と呼ばれ、特に美しい街並みを残しています。15世紀後半にリヨンの絹織物が国王によって保護され、「絹の町」と呼ばれるようになりました。現在の街並みは15~17世紀に作られたもので、イタリア・ルネッサンス様式で建てられています。「炎のような」という意味を持つフランボワイヤン・ゴシック様式のサン・ジャン大聖堂や、中庭を通り路地と路地をつないでいるトラブールなど、リヨン独特の風景が広がっています。