シュヴェルニー城 (観光情報) (観光情報) | フランス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
フランスの渡航安全情報
観光情報

シュヴェルニー城

シュヴェルニー城(The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes)は、フランス中部のロワール=エ=シェール県のシュヴェルニーにあります。常に同一の家系が相続してきた城であり、現在も城主が生活をしているお城です。また、ベルギーの漫画家であるエルジェの「タンタンの冒険旅行」シリーズの中で、シュヴェルニー城をモデルにしたムーランサール城が登場していて、人気を集めています。
歴史
シュヴェルニー城は、もともと水車小屋でした。その水車小屋があった場所に1634年、アンリ・ユローによって現在の城が造られました。これまでの城主は、ほとんどユロー家一族であり、外観は当時の状態のまま保存されています。1765年には城の内部の大改修も行われました。1802年にフランス革命の影響で、一時的にユロー家は、この城を手放しましたが、1824年に買い戻しています。1914年には、城の一般公開をはじめ、内装や家具、タペストリー、芸術品などを見ることができるようになりました。

見どころ
シュヴェルニー城は、左右対称の均整の取れた外観が特徴的です。アンリ4世の天蓋付きベッドや、17世紀フランドルのタペストリーなどが展示されていて、見ることができます。建物の正面には、ローマ歴代皇帝の彫刻が飾られていて、見ごたえがあります。また、このシュヴェルニー城のあるロアール渓谷流域には、古城が数多く点在しています。2000年には、「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録されていて、観光客が集まっています。

フランス地方都市人気アクティビティランキング

シュヴェルニー城 (観光情報) (観光情報) | フランス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
シュヴェルニー城(The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes)は、フランス中部のロワール=エ=シェール県のシュヴェルニーにあります。常に同一の家系が相続してきた城であり、現在も城主が生活をしているお城です。また、ベルギーの漫画家であるエルジェの「タンタンの冒険旅行」シリーズの中で、シュヴェルニー城をモデルにしたムーランサール城が登場していて、人気を集めています。