あいにくの天気でしたが、モレ村とバルビゾンの美しさに感動!

投稿者: たかぽん, 2018/05/01

GW中に参加したのですが、真冬かと思うほどの寒さでした。(翌日のパリは快晴でしたのでたまたま運が悪かっただけでしょう)最初に訪れたモレ村はシスレーが愛し亡くなった街。中世の趣きを残し、すれ違う街の人もとてもフレンドリー。中央にある教会ではフランスで最古?とされるパイプ・オルガンや美しいステンドグラスを拝見しました。極めつけは、ロワン川に架かる橋の周辺の風景です。シスレーが描いた風景がほぼそのまま想起できるという意味で、まさに絵画のようなシーンです。もっと温かい日に川べりを散歩できたら最高でしょう。再訪を誓いました。
バルビゾンでは、メインストリートを中心に、ミレーのアトリエやバルビゾン派に縁のある各種の建物を見学していきます。タイルで作られたバルビゾン派の有名作品が通り沿いに飾られており、散策を楽しいものにしてくれます。絵画好きにはたまらないと思います。
半日のツアーなので、多少のバタバタ感は否めませんが、ガイドさんが日本語でしっかり解説してくれますので、大変勉強になります。欲を言えば、どちらかの村で30分程度のコーヒーブレイクを見込んでくれると一層素晴らしいと思います。いずれにしても、パリから半日で美しい村を2つ回れるのは稀有だと思います。オススメです。


  • モレ村入口の門


  • ロワン川の水辺1


  • ロワン川の水辺2


  • ロワン川の水辺3


  • ミレーの「落穂拾い」のタイル画

催行会社からのコメント

たかぽん様 この度は弊社の新ツアー「バルビゾンとモレ・シュール・ロワン 午前ツアー」のモニターツアーにご参加いただき、誠にありがとうございました。最近のパリは真夏になったかと思えば真冬のような寒さになったりと、天候の移り変わりが激しくご参加された当日も生憎のお天気となってしまった為ご参加の皆様にツアーをお楽しみいただけたか心配しておりましたが、再訪を誓われたほどモレ村とバルビゾンでのご滞在をお楽しみ頂き、大変嬉しく存じます。お写真もいくつも載せていただきありがとうございました。また途中でコーヒーブレイクについての貴重なご意見も頂戴し、お礼申し上げます。今後の企画造成時に参考とさせて頂きます。次回、バルビゾンとモレ・シュール・ロワン村にいらっしゃる際は青空の下お散歩をできることを祈っております。マイバス・フランスのスタッフ一同、またのご利用を心よりお待ち申し上げております。名取

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/04/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

パリ テーマから探す

ミレーの傑作「落穂拾い」の風景が広がるバルビゾン&モレ村 半日観光ツアー<4/30、7/23~8/27の月・水曜日限定/日本語ガイド>by Mybusの参加体験談 | フランス(パリ)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

ミレーの傑作「落穂拾い」の風景が広がるバルビゾン&モレ村 半日観光ツアー<4/30、7/23~8/27の月・水曜日限定/日本語ガイド>by Mybusの参加体験談 | フランスの魅力は大都市パリだけでなく、穏やかな時間が流れる自然豊かな田舎にもあり。『落穂拾い』で有名なミレーなど、19世紀前半の印象派画家が集まったバルビソン。同じく印象派画家が好んだモレ村の2ヶ所をゆったりと散策しましょう。