サント・シャペル | パリ 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
サント・シャペル
4.06
サント・シャペルは、シテ島にあるゴシック建築の教会堂で、現在は、パレ・ド・ジュスティスの一部となっています。
パリ最古のステンドグラスを目当てに、いつも多くの観光客が訪れています。
らせん階段を使って2階の礼拝堂にあがると、延600平方メートルもの素晴らしいステンドグラスが壁一面に敷き詰められており、息を飲む美しさです。
ステンドグラスには、旧約聖書と新約聖書の内容が描かれています。
サント・シャペルでは、クラシックのコンサートも行われているので、教会でコンサートを楽しんでみたいという人にはお勧めです。
歴史
サント・シャペルは、13世紀にルイ9世が、キリストの聖遺物を収めるために4万リーブルという大量の資金をつぎ込んで、4~6年の短い着工期間で建てたものです。
フランス革命の時期は、多くの教会が襲撃を受け、サント・シャペルもその対象となりました。
幸い、ステンドグラスは破壊されることから免れましたが、尖塔は倒され、聖遺物は散り散りになってしまいました。
1862年、サント・シャペルは歴史的建造物の指定を受け現在にいたります。

見どころ
みどころは、なんといってもパリで最も古いと言われるステンドグラスでしょう。
「ゴシックの宝石」と呼ばれるサント・シャペルは、外観からはそのような美しいステンドグラスで覆われた窓があるとは想像もつきません。
だからこそ、その世界中の人が美しさに心打たれ、魅了されるのも頷けます。
15を超える窓には、旧約聖書と新約聖書の100以上の場面が描かれています。
サント・シャペルには、いつも多くの人が並んでいますが、並んででもステンドグラスを見る価値があります。

パリ人気アクティビティランキング

サント・シャペル | パリ 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
サント・シャペルは、シテ島にあるゴシック建築の教会堂で、現在は、パレ・ド・ジュスティスの一部となっています。 パリ最古のステンドグラスを目当てに、いつも多くの観光客が訪れています。 らせん階段を使って2階の礼拝堂にあがると、延600平方メートルもの素晴らしいステンドグラスが壁一面に敷き詰められており、息を飲む美しさです。 ステンドグラスには、旧約聖書と新約聖書の内容が描かれています。 サント・シャペルでは、クラシックのコンサートも行われているので、教会でコンサートを楽しんでみたいという人にはお勧めです。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜