チュイルリー公園 | パリ 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
チュイルリー公園は、ルーヴル美術館とコンコルド広場まで続いている、パリで最も古い公園です。
広い道を挟んで左右対称に設計されたフランス式庭園です。
公園の名前の由来は、この場に瓦(フランス語でチュイール)を製造する工場があったことからきています。
広大なチュイルリー公園の中には、美術館が2つあります。
ひとつは、モネの「睡蓮」で有名なオランジュリー美術館、もうひとつが現代写真の企画展などを開催するジュ・ド・ポーム美術館です。
歴史
チュイルリー公園の場所には、もともとイタリア式の庭園がありましたが、16世紀にチュイルリー宮殿の庭園として作りかえられました。
チュイルリー宮殿は、1871年のパリ・コミューンのときに焼失し、現在はチュイルリー公園だけが残っています。
現在のチュイルリー公園は、17世紀にヴェルサイユ宮殿を設計した造園家のル・ノートルが造ったものです。
2005年からは、ルーヴル美術館の管轄になっています。

見どころ
噴水のまわりや木陰にある椅子に座って、風に吹かれたり読書をしたり、ジョギングをしたり、自由に時間を過ごすのがパリ流です。
セーヌ川沿いの高台からは、向こう岸にオルセー美術館も見え、公園の中から3つの美術館の外観を楽しむことができます。
また、足に自信のある人は、チュイルリー公園を散策して、ルーヴル美術館に向かう方法もあります。
夏と冬には、移動観覧車も設置されるので、観覧車に乗ってパリの風景を眺めるのも良い思い出となるのではないでしょうか。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


パリの人気アクティビティランキング

チュイルリー公園 | パリ 観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

チュイルリー公園は、ルーヴル美術館とコンコルド広場まで続いている、パリで最も古い公園です。 広い道を挟んで左右対称に設計されたフランス式庭園です。 公園の名前の由来は、この場に瓦(フランス語でチュイール)を製造する工場があったことからきています。 広大なチュイルリー公園の中には、美術館が2つあります。 ひとつは、モネの「睡蓮」で有名なオランジュリー美術館、もうひとつが現代写真の企画展などを開催するジュ・ド・ポーム美術館です。