パンテオン (観光情報) (観光情報) | パリ観光 VELTRA(ベルトラ)
パンテオンは、18世紀に建てられたフランスの偉人たちを埋葬してある場所です。
もともとは、サント・ジュヌヴィエーヴ教会として、パリの守護聖人ジュヌヴィエーヴのために建設された教会ですが、のちにフランスの偉人を祀る場所として利用することになりました。
パンテオンは、古代ローマの神殿という意味なので、正面は古代ギリシアのパンテオンを彷彿とさせる造りになっています。
内部は、コリント式の円柱が立ち並んでいます。
歴史
パンテオンは、パリをゲルマン蛮族から守り抜いた、パリの守護聖人である聖ジュヌヴィエーヴを祀るために建造されました。
パリの国王の建築物の監督官であるジャック・ジェルメン・スフロがその設計をし、1755年に建設がスタートしました。
1791年には、当初の目的と変わり、国民議会で、パンテオンをフランスの偉人を祀る場所として利用することが決定されました。
19世紀には、フーコーの振り子の実験がパンテオンで行われ、現在も天井から振り子が吊り下げられています。

見どころ
【クリプト】地下の納骨堂です。国民公会と書かれた彫像の裏手かららせん階段を降りていきます。そこには、ヴォルテール、エミール・ゾラ、ヴィクトル・ユーゴー、キュリー夫人、ジャン・ジャック・ルソー、アレクサンドル・デュマなど、フランスを代表する名だたる偉人が埋葬されています。
【フーコーの振り子】19世紀に、地球が自転していることを証明したフーコーの振り子が置かれています。
7アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    このパス一枚で60以上の博物館や美術館へチケット購入列に並ばず入場可能。さらに地下鉄やバスなど公共交通機関が乗り放題な上に、セーヌ川1時間クルーズや30ヶ所以上の停留所が対象の乗り降り自由バスも利用可能。パリをお得に楽しむなら購入必須です!

    EUR119.00

    毎日
  2. No.2
    パリの定番観光スポットを回る&メトロやバスの乗り方も乗れるビギナー向け、そしてセーヌ川左岸のサン・ジェルマン地区を中心に観光する上級者向けの2種類のコースをご用意。パリジャンたちのように、実際に歩いて街を見て、感じることのできるツアーです。
    日本語対応あり

    EUR48.00

    毎日
    3時間 (午前, 午後)
  3. No.3
    見どころ満載のパリの街を、日本語ドライバー兼ガイドが効率良くご案内します。空港送迎も可能なので、到着日・帰国日にもおすすめ!オプションにて、ツアー中に使えるWi-Fiレンタルや、空港でのチェックイン&免税手続きのサポートもご用意しております。
    日本語対応あり
    送迎付き

    EUR350.00

    毎日
  4. パリの必ず見ておきたいスポットを押さえました!音声ガイド付きのパノラマバスでパリの街並みをご案内。昼食はランチクルーズとエッフェル塔を目の前に望むレストランからお選びいただけます。エッフェル塔の入場もついた盛りだくさんなツアーです。
    日本語対応あり
    食事付き

    EUR124.00

    毎日
    6時間 (午前, 午後)
  5. パリ市内を縦横無尽に走る2階建てのオープントップバスとセーヌ川のクルーズが楽しめるボートが乗り降り自由!オープントップバスは3つの周遊コースで約30か所、ボートは9か所を自由に乗り降りすることができます。

    EUR48.00

    セット割
    金, 土
  6. 凱旋門やシャンゼリゼ大通などの主要な観光スポットを日本語オーディオガイド付きのバスで巡る観光ツアー。セーヌ川クルーズ、エッフェル塔第2展望台よりパノラマ風景をご鑑賞いただきます。初めてのパリにもピッタリの王道半日ツアーです。
    日本語対応あり
    毎日
    4.5時間 (午前, 午後, 夜)
  7. パリ初心者からリピーターまで幅広い支持を集める電動自転車ツアー。通常のバスツアーでは訪れることのできない裏道や知る人ぞ知る隠れたスポットへお連れします。ガイドと新しいパリ観光へ出発!人気コースのため、予約はお早めに!
    毎日
    4.5時間 (午前, 午後)

パリの人気アクティビティランキング

パンテオン (観光情報) | パリ観光| VELTRA(ベルトラ)

パンテオンは、18世紀に建てられたフランスの偉人たちを埋葬してある場所です。 もともとは、サント・ジュヌヴィエーヴ教会として、パリの守護聖人ジュヌヴィエーヴのために建設された教会ですが、のちにフランスの偉人を祀る場所として利用することになりました。 パンテオンは、古代ローマの神殿という意味なので、正面は古代ギリシアのパンテオンを彷彿とさせる造りになっています。 内部は、コリント式の円柱が立ち並んでいます。