映画博物館 (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
パリの映画博物館は、フランスの中でも周辺に高層建築や新しい建物が建っている中に設立されている博物館です。広場から見える外観もユニークなデザイン建築で印象に残る風情があります。博物館の入口は、エレベーターで行った2階部分にあり、一階の右奥でチケットを購入して入ります。入口を入ると直ぐに1902年に放映された世界初のSF映画である「月世界旅行」で使われた衣装などが展示されています。その他に世界最古のプロジェクターも存在しており、映画が生まれた当時の縁のある物が沢山展示されているので、近代的な建物の中でレトロ感を味わうことが出来ます。
歴史
フランスのパリにある映画博物館は、1935年に古い映画の収集を行なっていた2人の収集家によって、過去の映画作品を見てもらおうとシネクラブを作ったのが始まりです。翌年の1936年9月2日に本格的に映画博物館が設立され、フィルムだけでなく映画で使われた衣装、ポスター、出版物、セットなどの映画を生み出す上で必要な物などを展示するに至ります。それ以降、パリ市内に博物館は幾度ともなく移設されたりしましたが、2005年9月28日にベルシー街51番地の現在の場所に新しい建物として開館された経緯があります。

見どころ
フランスのパリにある映画館の特徴は、フランス政府が大部分出資を行なっており、4万本以上の映画の作品、映画に関する資料や物品を保存している点です。映画が製作された黎明期のことを知る上でも優れており、沢山の映画美術も保存状態も良く展示されているのが魅力です。例えば、チャップリンの「モダンタイムス」で使用した有名な歯車なども展示されており、映画ファンなら一度は訪れたい聖地としても知られています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ベルリンの人気アクティビティランキング

映画博物館 (観光情報) | ベルリン観光| VELTRA(ベルトラ)

パリの映画博物館は、フランスの中でも周辺に高層建築や新しい建物が建っている中に設立されている博物館です。広場から見える外観もユニークなデザイン建築で印象に残る風情があります。博物館の入口は、エレベーターで行った2階部分にあり、一階の右奥でチケットを購入して入ります。入口を入ると直ぐに1902年に放映された世界初のSF映画である「月世界旅行」で使われた衣装などが展示されています。その他に世界最古のプロジェクターも存在しており、映画が生まれた当時の縁のある物が沢山展示されているので、近代的な建物の中でレトロ感を味わうことが出来ます。