新博物館 (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
ベルリンの博物館島にあります。建物としても、19世紀に建設された、新古典主義様式建築の博物館の代表とも言える建物です。館内では、エジプトの遺産とパピルスコレクション、先史時代のコレクション、古典芸術のコレクションなどが展示されています。ビジターは、中東から地中海、アジアの一部、アフリカからスカンジナビアという広い範囲の先史時代からの文化の発展を見ることができます。
歴史
新博物館の最初の建設は、ヴィルヘルム4世の命で建築家フリードリッヒ・アウグスト・ステューラーの設計により、1841年に始まりました。建設開始直後から、中洲の地盤が博物館建設において問題となりました。これを克服するために取り入れられた蒸気機関を使っての杭打ちや、鉄をふんだんに使った建築方法などは、当時の最新・最先端技術でした。1855年に一般公開されましたが、建物全体が完成したのは1866年のことでした。第二次世界大戦後、長い間、再建されず、東西ドイツ統一後、再建工事が始まり、2009年にリオープンしました。

見どころ
【建物】歴史的な建物のインテリアとファサードが、注意深く新しい建物に融合されています。建築家デービッド・チッパーフィールド設計の博物館建物は、2010年にヨーロッパの建築賞(RIBA European Awards)を受賞しました。【王妃ネフェルティティの胸像】最も有名な収蔵品です。紀元前1345年に作成された美しい胸像は、素晴らしく保存されており必見です。【エジプト展】古代エジプトの歴史、文化について詳しくわかりやすく展示されています。様々な王の石像、石像技術、石棺と石棺の建設や装飾について、また、古代エジプトのパピルスと文化についてなど、たいへん興味深い展示が見ることができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ベルリンの人気アクティビティランキング

新博物館 (観光情報) | ベルリン観光| VELTRA(ベルトラ)

ベルリンの博物館島にあります。建物としても、19世紀に建設された、新古典主義様式建築の博物館の代表とも言える建物です。館内では、エジプトの遺産とパピルスコレクション、先史時代のコレクション、古典芸術のコレクションなどが展示されています。ビジターは、中東から地中海、アジアの一部、アフリカからスカンジナビアという広い範囲の先史時代からの文化の発展を見ることができます。