ベルリン動物園 (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
ドイツで最も古く、最も有名な動物園です。35ヘクタールの敷地内には、水族館も併設されています。1500種類以上、およそ20,500頭の動物を飼育しており、世界で最も多様な動物がいる、また、ヨーロッパで、最も多くの人々が訪れる動物園です。すでに亡くなってしまいましたが、北極熊クヌートやジャイアントパンダ・バオバオは、今でも世界的に有名な、ベルリン動物園のイメージとなっています。世界中の大学や研究施設とともに、絶滅の危機に瀕している動物たちの保護のプロジェクトなどに積極的に取り組んでいます。
歴史
1844年8月1日にオープンしました。併設の水族館は、1913年にオープンしました。第二次世界大戦中は、動物園の周辺は対空爆のためタワーに囲まれ、最後まで抵抗が続けられたエリアでしたが、最終的には、動物園は破壊され、3,715頭の動物のうち、生き残ったのはわずか91頭でした。戦後、ベルリン動物と水族館は「動物をなるべく自然に近い形で飼育する」という最も現代的な考えに基いて再建されました。

見どころ
ベルリン市の驚くほど真ん中にある、広大な動物園です。ビジターは、Budapester通りにあるエキゾチックな「像の門」か、Herdenbergplatzにある「ライオンの門」から入園することができます。動物園では、ほとんどの動物は、自然に近く作られた環境に生活しており、ビジターは自然と動物の両方を楽しめます。建物の地下では、夜行性の動物を観察でき、鳥が自由に飛び回るエイビアリーでは、中を歩いたり、餌を与えたりすることもできます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ベルリンの人気アクティビティランキング

ベルリン動物園 (観光情報) | ベルリン観光| VELTRA(ベルトラ)

ドイツで最も古く、最も有名な動物園です。35ヘクタールの敷地内には、水族館も併設されています。1500種類以上、およそ20,500頭の動物を飼育しており、世界で最も多様な動物がいる、また、ヨーロッパで、最も多くの人々が訪れる動物園です。すでに亡くなってしまいましたが、北極熊クヌートやジャイアントパンダ・バオバオは、今でも世界的に有名な、ベルリン動物園のイメージとなっています。世界中の大学や研究施設とともに、絶滅の危機に瀕している動物たちの保護のプロジェクトなどに積極的に取り組んでいます。