博物館島 (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
ベルリンを流れるシュプレー川の中州にありますが、博物館島(ミューゼウムインゼル)と呼ばれています。ベルリン美術館を構成する重要な5つの美術館・博物館があります。旧博物館(Altes Museum)、新博物館(Neues Museum)、旧国立美術館(Alte National Gallerie)、ボーデ美術館(Bode Museum)、ペルガモン博物館(PergamonMuseum)です。博物館島は、1999年に、ユネスコ世界遺産に登録されました。
歴史
シュプレー川の中州は、住宅地として使われていましたが、1830年に、旧博物館(アルテス・ミューゼウム)が建設され、1841年、フリードリッヒ・ヴィルヘルム4世が「芸術と科学の地域」と定めました。1859年に、新博物館(ノイエス・ミューゼウム)がオープンし、1876年には、旧国立美術館(アルテ・ナショナル・ギャラリー)が続いてオープンしました。1904年に、フリードリッヒ美術館が建てられました。(1956年に、優れた貢献を果たした館長・ヴィルヘルム・フォン・ボーデを讃えて、ボーデ美術館と改名されました。)1930年に、5つめの博物館であるペルガモン博物館が完成しました。

見どころ
どの美術館・博物館も建物・展示内容ともにたいへん優れています。【旧博物館】18世紀ドイツを代表する建築家シンケルにより設計された建物は、ギリシャの古代建築がモデルになっています。ギリシャ・ローマの古典芸術が常設展示されています。【新博物館】エジプト及び先史時代の遺物を展示しています。【旧国立美術館】ドイツ有数の19世紀の彫刻や絵画コレクションを持ちます。【ボーデ美術館】幅広い彫刻のコレクション、ビザンティン美術を所蔵します。様々な時代の50万点ものコイン・メダルコレクションは世界有数です。【ペルガモン博物館】古代遺跡「ペルガモン大祭壇」を始めとする、古代・中東、イスラム文化・芸術を扱う博物館です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ベルリンの人気アクティビティランキング

博物館島 (観光情報) | ベルリン観光| VELTRA(ベルトラ)

ベルリンを流れるシュプレー川の中州にありますが、博物館島(ミューゼウムインゼル)と呼ばれています。ベルリン美術館を構成する重要な5つの美術館・博物館があります。旧博物館(Altes Museum)、新博物館(Neues Museum)、旧国立美術館(Alte National Gallerie)、ボーデ美術館(Bode Museum)、ペルガモン博物館(PergamonMuseum)です。博物館島は、1999年に、ユネスコ世界遺産に登録されました。