壁博物館 (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
チェックポイントチャーリー博物館とも呼ばれ、ベルリンの壁にあった有名な検問所チェックポイント・チャーリーにちなんでつけられた名前です。壁で作られた東西ベルリンの国境の歴史を記録する博物館です。命をかけた脱出が試みられた時代が忘れられることがないように、東ドイツからの脱出成功の記録や写真、脱出に使用された道具である気球、車、ミニ潜水艦などが展示されています。
歴史
1962年に、歴史家ライナー・ヒルデブラントによって創設されました。東西に分割された通りにあった2.5部屋の小さなアパートで、当時、ベルリンに建てられたばかりだった「壁」についての展示が始まりました。アパートのある建物の東側は空き家となり、西側の窓はレンガで塞がれていました。現在の場所に博物館が開館したのは1963年で、今では、2000㎡の展示面積を持つ博物館になっています。現在、博物館は、Arbeitsgemeinschaft 13. Augustという団体(ライナー氏の未亡人が代表)によって運営されています。

見どころ
博物館は、ベルリンの壁の歴史とともに、現在も世界で続く自由と人権の戦いにも焦点が当てられています。【常設展】1960年代に創設者ライナー・ヒルデブランドが作成した展示板も見ることができます。壁の建造の背景や、東ドイツの重要な歴史的出来事についてもまとめられています。展示されている車や手作りのミニ潜水艦など、実際に脱出に使われた道具の数々は、当時の脱出を試みた人々の切実な思いを伝えます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ベルリンの人気アクティビティランキング

壁博物館 (観光情報) | ベルリン観光| VELTRA(ベルトラ)

チェックポイントチャーリー博物館とも呼ばれ、ベルリンの壁にあった有名な検問所チェックポイント・チャーリーにちなんでつけられた名前です。壁で作られた東西ベルリンの国境の歴史を記録する博物館です。命をかけた脱出が試みられた時代が忘れられることがないように、東ドイツからの脱出成功の記録や写真、脱出に使用された道具である気球、車、ミニ潜水艦などが展示されています。