フィルハーモニー (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
ベルリンのフィルハーモニーは、ベルリン交響楽団のコンサートホールで、素晴らしい音響、斬新な建築において、高い評価を受けています。非対称のテントのような形をした金色の外観の建物です。メインコンサートホールは5角形の形をしています。ステージは、ホールの中央にあり、観客席がステージを囲んでいます。不規則な高さで観客席列が構成され、ステージが素晴らしく良く見える位置に配置されています。オーケストラホールは2440席、室内楽ホールは1180席あります。
歴史
1960-1963年にかけて、ハンス・シャロウン(Hans Scharoun)の設計で建設され、1963年10月15日、カラヤンの指揮で、ベートーヴェン交響楽第9番のプログラムで初公演が行われました。いわゆるヴィンヤード様式という(ぶどう畑のように段々になって上昇する)建築方法は、建設当時、パイオニア的なものでした。後に建設されたシドニー・オペラ・ハウスやウォルト・ディズニー・コンサートホールなどのモデルとなっています。

見どころ
フィルハーモニーは、世界でも屈指の交響楽団・ベルリン交響楽団のホームにふさわしいコンサートホールです。とりわけ、オーケストラホールは有名で、その音響において世界に名を馳せています。以前は、このエリアは、ベルリンの壁のすぐ西側で、隔離されたような場所だったのですが、今では、緑に囲まれた中心地になっています。フィルハーモニーの建物そのものも、たいへん個性的で目を引く建物で、一見の価値があります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ベルリンの人気アクティビティランキング

フィルハーモニー (観光情報) | ベルリン観光| VELTRA(ベルトラ)

ベルリンのフィルハーモニーは、ベルリン交響楽団のコンサートホールで、素晴らしい音響、斬新な建築において、高い評価を受けています。非対称のテントのような形をした金色の外観の建物です。メインコンサートホールは5角形の形をしています。ステージは、ホールの中央にあり、観客席がステージを囲んでいます。不規則な高さで観客席列が構成され、ステージが素晴らしく良く見える位置に配置されています。オーケストラホールは2440席、室内楽ホールは1180席あります。