DDR博物館 (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
博物館の島の近く、シュプレー川沿いにあるDDR博物館は、東ドイツ時代の人々の生活に焦点をあてた博物館です。インターアクティブな展示方法で、東ドイツの社会主義国家がどのようなものであったかを、見、触れ、感じ、経験することができます。海外、ドイツ国内から毎年500,000人以上が訪れます。かつて東ドイツに住んでいた人々が、自分たちの過去の生活がどのようであったかを見せるために、子供たち、孫達を連れて来る博物館でもあります。
歴史
博物館のエリアは、元東ドイツの政府官庁のあったエリアにあります。2006年7月15日、ドイツでは珍しく、国の財政支援を得ないプライベート博物館として創設されました。2008年、2012年に、「ヨーロッパの博物館年間大賞」にノミネートされました。2010年には、東ドイツ時代の典型的な料理を経験できるDDRレストラン(東ドイツ・レストラン)が館内にオープンしました。

見どころ
多くの人々が訪れる博物館で混雑しており、体験型の博物館のため、順番待ちをする忍耐強さも必要です。【東ドイツの日常生活品】東ドイツ時代の典型的な住居が再現されています。引き出しを開けたり、戸棚を開いたりして、当時の日常品の数々に触れ、見ることができます。【東ドイツの代表的な庶民の車・トラビー】実際に乗ってハンドル握って、東ドイツの街を走る体験ができます。【国家が支配した国民の生活】東ドイツの秘密警察、諜報機関、プロパガンダなどについての体験型の展示があります。国家が国民の生活をコントロールするということの意味を知ることができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ベルリンの人気アクティビティランキング

DDR博物館 (観光情報) | ベルリン観光| VELTRA(ベルトラ)

博物館の島の近く、シュプレー川沿いにあるDDR博物館は、東ドイツ時代の人々の生活に焦点をあてた博物館です。インターアクティブな展示方法で、東ドイツの社会主義国家がどのようなものであったかを、見、触れ、感じ、経験することができます。海外、ドイツ国内から毎年500,000人以上が訪れます。かつて東ドイツに住んでいた人々が、自分たちの過去の生活がどのようであったかを見せるために、子供たち、孫達を連れて来る博物館でもあります。